ARTAS(アルタス)で自毛植毛する失敗率は?真の評判に迫る!

この2,3年の間に自毛植毛の世界にもロボットが登場してきました。

最近でもお笑い芸人アンガールズの田中さんが興味深々だったARTAS-SYSTEM(アルタス・システム)はかなり話題をよんでいますね。

ロボットは植毛検討者にとって最善の選択になり得るのか?

好奇心旺盛の切り込み隊長カールがその真実に迫ってみます^^

※内容をスムーズに理解するため、まずFUTFUEの記事に目を通されることをお勧めします^^

 

12345

 

アルタスとは何か?

 

2011年4月にFDA(米国厚生省に属する米国食品医薬品局)が正式に認可して普及し始めたARTAS(アルタス)は、日本の某有名自動車メーカーと米国のベンチャー会社Restoration Roboticsが共同で開発を始めて、最終的にはアメリカで商品化されたロボットです。

このアルタスは一言でいうと、後頭部から移植毛を高精度に採取するための機械です。

日本の公式HPでは、「後頭部または側頭部から永久毛を採取して薄毛部分に移植する育毛方法です。」と説明がなされているので、さも植毛手術の始まりから終わりまでをカバーする活躍を印象付けるんですが…実際には移植毛を精確に素早く採取することにのみ特化したロボットになりますのでご注意ください(‘◇’)ゞ

 

具体的には下の写真のように、4つのCCDカメラを使ってドナー上の髪を毛包単位で位置特定・分析をしながら、正確に移植毛を抜き取っていきます。

 

atorasu saishu

実際のデジタル映像

 

その間、植毛を受ける方は専用の椅子にうつ伏せになりながらじっと待つことになります。

 

yoko

 

 

こうした最先端のロボットを採用することにより、ほぼ自動化で移植株を採取できてしまうわけです。

(厳密に言えば、ロボットは移植毛の毛根と周囲の組織を剥離し頭皮の上部に引き上げる過程までを行なって、その後の移植株を完全に引き抜く作業、トリミング、スリット、植え付けはすべてFUEの従来通り人間の手によります。)

 

このアルタスロボットの使用で、患者側とクリニック側にはどんなメリットが見込めるのか、またデメリットも存在するのかを次にまとめていきます^^

 

アルタスの評判1:移植株の採取速度について

 

アルタスは自動で1時間に500株もの移植毛が取れることをアピールポイントにしています。

医師一人の手では60~220株(アメリカの植毛医平均)くらいですから、確かにその差は注目に値します。

ARTASを購入するだけで労働力の削減や採取技術がない医者であっても一定の技術をすぐ取り込めますので、大きなメリットが見込めるわけです。

 

それでも、日本の一流クリニックによる手作業と比較した場合には、アルタスが採取スピードにおいて勝っているとは言えません。

例えば、紀尾井町クリニックは経験豊かな複数人のチームでFUT手術をする場合、1時間に1600~2000株もの移植株を調達して、ARTASよりも量が多くスピーディーです。

なので、移植毛が多くなる患者側からすれば、どちらの方法にメリットを感じるかは明白でしょう。。

 

アルタスを使わずにFUEを行なう場合でも、15分で150~250株以上取れる(採取箇所で変化する)技術を日本の一流医師は持ち合わせていますので、ARTASが特に早いわけではないんですね。

 

アルタスの評判2:毛根切断率について

 

FUEによる移植株採取は頭皮内部にある髪を毛包単位でくり抜くんですが、その過程で一定数の失敗が起きてしまいます。

というのは、頭皮内部での毛根の向きが見えなかったりするために、採取時に毛根切断が起こって移植毛が無駄になってしまうからです。

 

FDA(米国食品医薬品局)によれば、アルタスによるこの毛根切断率は平均で7%。

 

アメリカ植毛医の平均的な毛根切断率が22%ですので、かなり優秀であることがわかります。

しかも、人間では作業が長ければ長いほど集中力が落ちていきますが、ロボットは疲れ知らずなので安定した仕事が期待できるというのもARTAS使用の魅力になり得ると思います。

 

…が、それでも日本の一流クリニックにかかれば、ロボットに頼らずともFUEによる切断率を5%以下に抑えているのが現状です。

 

例えば、ヨコ美クリニックの毛根切断率は3%と報告されています。

達人でも5%と言われる切断率を3%まで下げていることは本当に凄いことだと思います。

 

あくまでも個人的な見解ですが、世界的に見ても日本人は仕事に対する態度が生真面目ですし、器用さの点でもかなり飛び抜けているので、クリニック側が熟練した職人を育成する体制を整えさえすれば、このようにかなりの成果をもたらすのだと思います。(カールは外国で約10年暮らしてたので日本人の良さが身に染みてわかります^^)

 

手作業での経験が少ない二流FUEクリニック VS ARTAS ではもちろん後者に軍配が上がるんですが、一流の手作業によるFUEクリニック VS ARTAS の場合では前者が優れていることを知る必要があるでしょう。

 

アルタスの評判3:ドナー採取後の後頭部について

 

アルタスを採用しているHPを見ますと、FUT植毛でできる一本の線傷と対照させて、採取後の後頭部の状態がかなり良いことをアピールしています。(しかも、わざと二流クリニックでしたと思われる幅が広~い傷の写真と比較させる“あざとさ”があります(-_-;))

 

アトラス傷跡2週間近く経って

アトラスによる移植株の採取跡

 

ですが、写真を見ると、アルタスも機械の性質上移植株が取れる範囲が決まっていて、テンショナーを使ったやや狭い枠内での移植株採取では余計に後頭部の傷が目立っているのがわかると思います。

siro1

 

上の方の頭は何株採取したのかは公表されていませんが、比較的少量でもここまでの傷とスカスカ感が出るわけです。

 

 

また、アルタスの採取パンチは2段階制で、内側のインナーニードルの口径が1.2㎜、外側のアウターニードルの最大幅が1.75mmと比較的太い針を使っているんですが、1mmを超えるパンチを使うと後頭部のくり抜いた跡が更に大きくなってしまいます。

 

ARTASは機械の性質上、側頭部の髪は取りにくいという欠点もあります。

植毛希望者として見逃せないのは、取扱いクリニックはその点をはっきり認めていると同時に、ドナーの採取は「 2000株をマックス 」 と回答していることです。(カールの潜入捜査に基づく)

 

これが本当に実施されているとすれば、FUEの記事で懸念したことがこのクリニックでも当てはまってしまうことになります。

つまり、主に後頭部のみから更に限定的に2000株も採取すると、かなりの傷が目立ち、結果としてFUTで見られる一本の線傷よりもインパクトのある傷…どころかホワイトウォール(白い壁)が残ってしまいます。

 

2000

FUEで2000株くり抜いた傷跡

 

上の写真はアルタスではなく、通常のFUEで2000株くり抜いた後の状態ですが、仮にアルタスによる被害がこの半分、或いは三分の一であったとしても、かなり見た目がキツくなると感じてしまうのは僕だけでしょうか。。

 

もちろん、こうした被害をもたらすのはアルタスそのものというよりも、それを使用するクリニック側の姿勢一つにかかっていると言えます。

なので、もし自分の移植毛が1000株以上必要になると診断され、アルタスを使った手術を計画する場合には、予めクリニック側に同様のケースを経験した方の後頭部写真の提示を求め、はっきり確認することは必須です。(アルタスに限らず、FUEで1000~1500株以上植毛した方のブログでは後頭部の写真を載せないか・載せても光加減を調整してごまかしていることがほとんどです。。)

前もってチェックしておけば、ヤッてしまった後に後悔することはないでしょう。

 

逆に、移植毛が500株以下とかなり少なく、テンショナーの移動範囲も工夫して移植株を満遍なく取るようクリニック側が協力してくれるなら、アルタスでも後頭部の傷跡はさほど大きくなくすみ、FUT植毛よりも傷口を目立ちにくくできる期待を持てます^^

 

アルタスの評判4:料金は高めと思いきや意外とリーズナブル!?

 

通常、ARTASの機械本体の値段はとても高く、課金料金システムが採用されている以上、クリニック側は1株採取ごとにメーカーに対して追加料金を払っていかなければいけません。

ちなみに機械本体はアメリカで20~25万㌦(1ドル120円×20万㌦⇒2400万円)、日本ではその2倍近くかかり、クリニック側は1株抜くごとにメーカー側に数ドル程(アメリカでは1㌦)徴収される形です。

クリニック側はこうした高額な初期投資・費用を回収するために、結果として手術代の料金設定を高くする傾向がずっと続いてきました。

それでも、アルタスによる施術例が増えていく中で、最近ではロボットを使わない一流FUEクリニックの値段とさほど変わらなくなってきている傾向は……僕にとってかなり意外なことです(;´∀`)

 

例えば、500株(1000本)植毛する場合、日本で初めてアルタスを導入したクリニックでの現在の料金は約50万円。(2015年9月現在)

しかもモニター(施術内容の体験談や写真を載せる協力者)として受けるなら、さらに安くなり約40万円です。

ここまで下がってくると、日本で一番リーズナブルと言われるヨコ美クリニックの50万円という設定と比較してもかなりのお得感が得られますので、思わず心が動いちゃうかもしれません^^(ちなみに、ヨコ美でFUTを選ぶなら約35万円とバリ安は変わりませんが…)

 

いずれにしても、アルタスによる価格が安くなっている傾向は消費者として嬉しい限りです。

将来、ロボット技術がもっと進歩して、値段もリーズナブルになっていく可能性があることは消費者にとって喜ばしいことですね^^

 

アルタスに対する植毛医たちの興味深い見解

 

公式HPやアルタスを導入しているクリニックHPの体裁は、いささかメリットを強調し過ぎています。

ロボット = ハイテク という連想から、さも人間の手作業よりもロボットの方が結果が良いような印象を与える比較・構成で成り立っているのが見て取れます。

それで、少しクールなコメントをしている植毛医の発言に注目するなら、バランスの取れた見方を持つのに一役買うと思いますのでご紹介しますね(‘◇’)ゞ

 

例えば、アジア地域で最初にアトラスを導入した韓国の医師は国際学会の場で、

 

ARTASのメリットは医師が楽できることで、4時間以上(顔が圧迫されて)一切身動きができない患者さんは大変だ。

 

と発言をしています。

 

また、FUEでは世界の3本の指に入るアトランタのコール医師も、ロボットを積極的に導入するクリニック側の動機を3つ挙げています。

 

1)FUEを行っていなかったがすぐに導入したい場合(もともとFUEの良い技術があるクリニックは高い費用を出してロボットを買わないという皮肉が込められている)
2)FUEを自分たちで行う意欲や能力がない場合
3)商売戦略の一環としてロボットを広告塔として効果を狙う場合

 

正直な話、消費者としては植毛の結果が良ければ裏事情はどうでもいいんですが、こういうことを横から言われてしまうと…なんだか急に冷めてきてしまうのは僕だけでしょうか( ;∀;)

 

80年代から植毛に携わっている今川先生も以下のようなコメントをしています。

 

ARTASロボットのメリットを言うなら、延々続く疲れる単純な作業(?)をロボットが肩代わりしてくれることで、これは導入する側のメリットであり、受ける方のメリットは見当たらない。

 

最後に、2015年9月から植毛専門医の非営利的医学学術団体として最も権威ある国際毛髪外科学会(ISHRS)の会長に選任された柳生先生は、こんなタイムリーなコメントを出しています。

 

アルタスのロボットは、数年前に注目を浴びましたが、最近は評判があまり良くなく、世界的に、解約返品が増えているのが現実のようです。私の友人でイタリア人の有名な植毛医も、最近アルタスのロボットを解約返品しました。
(中略)
ロボットは設定の通りに動くので、毛根の微妙な方向の違いに合わせていちいち設定を修正する必要があり、それがとても煩雑な作業になるようです。
毛根の切断率が8%というのは、事実ではないと思います。単なる集客だけの目的で使われている言葉を、そのまま鵜呑みにしないで、事実を各方面で確認してみてください。現実の姿が浮かび上がってくるでしょう。

 

こうした権威者からの貴重な発言は、ARTASを検討している人に一石を投じるものになるはずです。

 

カールが思うARTAS

 

個人的には、たとえARTASを採用して移植株を採取しても、適度な採取本数とその後の一連技術(トリミング・スリット・植え付け等)が保障できる水準なら、別に悪くはない選択だと感じます。

ですが、それが現時点での最善の選択にはならないとカールもはっきり断言できます。。

先ほど紹介した権威者たちの分析で十分かもしれませんが、僕も個人的に幾つか懸念材料と期待がありますので、先に書いた点も改めて含めながら以下に書いてみますね(‘◇’)ゞ

 

1:針が太いので改良の余地がある

 

先ほども触れた点ですが、アルタスで使っている採取株のパンチの直径は1.25~1.75mmとやや大きめのサイズです。

なので、もう少し細くできる余地があるはずなんです。

 

もちろん、毛根を含めた毛包全体を傷つけずにくり抜くためにはある程度の太さが必要なので、後頭部に残る傷だけを気にしすぎて針を細くしすぎるのも良くありません。

それで、アルタスには現在手作業で行っている一流のFUEクリニックと同様サイズ(1㎜弱)まで進化を遂げてもらいたいという個人的な期待があります。

サイズ調整をして、毛根切断率も手作業の限界値と同じ5%以下までの改良を希望します。

 

ちなみに、ARTASを使用しているクリニックHPでは、「テンショナーでドナー部の皮膚を引き延ばし、手術後に皮膚を元に戻せば、傷跡は1mm以下になる」という趣旨のコメントを載せているんですが……これは一種の「商売文句」でしかありません。(キリッ)

 

arutasuu

 

というのは、仮にこの理屈が通るなら、学会でも報告されてARTAS以外のFUEクリニックでも皮膚を引き伸ばしながら採取が行われるはずなんですが、植毛大国のアメリカをはじめとして、テンショナー類を使うFUEクリニックは世界中のどこを見ても存在しません。

むしろ、反対派の医師たちは、テンショナーをつけたとしても皮膚は2Dに伸びるだけで傷跡を最小にするうえでほとんど意味がないことを指摘しています。

(生理食塩水を皮下に注入して組織を膨らませ、皮膚を3Dに伸ばしながら穴を空けるなら傷跡が収縮するという意見はあるんですが、真偽のほどはまだ証明されていません。。)

 

実のところ、このテンショナーが使われるのは傷跡うんぬんと言うよりも、そもそもARTASロボットにとって絶対欠かせないアイテムだからです。

ロボットの仕組み上、テンショナーがなければ採取不可能なんですね((( ゚Д゚)))…

 

いずれにしましても、まずはARTASの針を1mm弱まで小さくしてもらい、毛根切断率を手作業と同じレベルの5%以下まで抑えていただくことをカールは期待しています^^

 

2:範囲をさらに大きく、ドナー・ドミナントに特化した安全な採取を可能にすべき

 

機械の性質上、側頭部は移植株が取りづらく、主に後頭部からしか採取できないことは記事前半部分で取り上げました。

そうすると、単純に側頭部のドナーが宝の持ち腐れ状態になってしまいますよね??

また、鋭い人は前半で紹介した後頭部写真を見てピンと来たと思うんですが、アルタスの採取株の位置範囲は一貫してやや上気味(スイートスポット)なんですね。

機械の性質上、かなり高めまで後頭部を刈り込んでそこから株を調達しますから、100%永久に生え続けるドナーから確実に採取しているとは言い難いわけです。

 

123456

 

 

本来なら下の絵で指摘されている部分が、安全な採取箇所に当たります。(特に両耳を直線で結んだ付近より下側はどんなにAGAが進んだ人でもハゲないエリアだと証明されています。)

 

 

ドナー箇所

 

なので、現段階でのARTASで植毛するとなると、生涯その髪が一生生え続けるかどうかは疑問符が残ってしまいます。(しかも、採取株が多ければ多くなるほど安全なドナーエリアを超えていきます。)

 

たとえ、クリニック側が  問題ないですよ^^  と保障してくれてもそれを鵜呑みにはできません。。

少なくとも採取株の一部は歳を取ってからいずれ抜けてしまう可能性は否定できないでしょう。

 

それで、僕個人としてはARTAS製造業者の方に後頭部と側頭部の安全エリアから忠実に万遍なく移植株を採取できるよう改良していただきたいです。

 

事実、ARTASでは先ほど指摘した後頭部の一番抜きやすい(スイートスポットと呼ばれる)範囲以外、くり抜くことがほとんど不可能なので、まだまだ改良の余地があるんですね(‘◇’)ゞ

 

まとめ

 

もしアルタスが今しがた取り上げた改善点を見事に克服してバージョンアップした暁(あかつき)には、植毛業界においてかなりの影響力を持つのではないかとカールは思っています。

僕としては、患者側がもっと気軽な態勢で手術を受けられるようにすることやスリット・植え付けの能力も同時に身に着けて欲しい等、アルタスに求める期待は多くなるばかりなんですが、将来的にはこれらすべてが本当に実現するのではないか…と漠然と感じています ← 何の根拠もない第6感

 

そんな時代が来るまでの間は、一流クリニックによる手作業での手術が最善と言えます。

 

実際、植毛大国のアメリカではロボットやオムニグラフトと言われる機械を取り入れた植毛は導入されていても流行ってはいません。技術競争が激しく、機械に頼っていたら生き残れないからです。手作業が現在でも主流になっています。

 

それでも、好奇心が強く、新しいものを試してみたい方で、移植株もそんなに必要としない500株以下の植毛検討者であれば、現時点でARTASを利用してみるのも悪くはないと思いますよ。

ただしそうであったとしても、アルタスを採用しているクリニックが トリミング・スリット・植え付けなども一流に行なえることを前提にした上での話ですが。。

 

現段階でアルタスを日本で導入しているクリニックは片手で収まる数くらいしかありません。

どうしても気になるなら、カウンセリングに行って実物を見せてもらったり、納得するまで情報収集するのも良いかもしれません。

ちなみに、日本で一番アルタスを熟知しているドクターは湘南美容外科(旧名称:AGAルネッサンス)クリニックの長井先生です。

アルタスを製造しているメーカーに直接頼まれて製品向上のためのサンプル使用や意見交換などを積極的にしていますから、もし何かマニアックなことを聞きたい場合でも満足できる返答をしてくださる唯一のドクターです。

普段は福岡院の院長をしていますが、1ヶ月の半分は新宿院にも来ていますので、HP内の予定表をチェックしてアポを取れば無料で彼のカウンセリングを受けられます^^

 

 

追記:2017年1月追記

昨年後期より、アルタスがバージョンアップし、これまでの移植毛採取に加えて、移植毛を植えつける箇所の頭部に穴を空けるスリットの行程も自動化できるようになりました。

 

 

日本でいち早くバージョンアップして採用しているのがTOMクリニックです。

もし興味があれば、動画なども用意されていますので、チェックしてみてください^^

 

 

>カールが使用中の究極発毛セット<

 

>大手自毛植毛クリニック比較表<

クリニック名
ヨコ美
クリニック
湘南美容外科
クリニック
アイランドタワークリニック
アスク井上
クリニック
親和クリニック
クリニック名
ヨコ美
クリニック
ルネッサンスクリニック
アイランドタワークリニック
アスク井上クリニック
親和クリニック
HP
s_runessance
s_runessance
s_iland-1
s_askinoue
s_sinwa-1
方法
FUE法
FUT法
FUE法
FUT法
FUE法
FUE法
FUT法
FUE法
技術
nc140083
FUT
FUE
優秀
nc140083
長井ドクターのFUT優秀
nc138304
FUE安定
nc140083
FUE優秀
nc138304
音田医師のFUEは安定
場所
nc69693
横浜
nc140083
新宿 大阪 福岡 名古屋
nc140083
新宿 大阪 福岡 名古屋
nc69693
新宿
nc140083
新宿 大阪 福岡 名古屋
費用※1
nc140083
FUT
60万円
FUE
80万円
nc140083
88万8千円
nc69693
140万円
nc138304
116万5千円
nc69693
140万円
AGA薬
nc140083
処方あり
nc140083
処方あり
nc140083
処方あり
nc140083
処方あり
nc140083
処方あり
メリット
日本で一番植毛施術経験のあるカリスマ医師が在籍。
日本全国展開で利用しやすい。アルタスロボット選択可。
日本全国にあり利用しやすい。日本一のシェア率。
アイランドタワークリニックの元院長在籍。FUEの技術力が一番。
日本全国展開で利用しやすい。音田医師は密度の濃い植毛が得意。
デメリット
店舗が少ない。
担当ドクターにより施術の差が出る可能性。
料金が若干高め。FUE法しか選択できない。
店舗が少ない。
料金が若干高め。FUE法しか選択できない。
評価
screenshot screenshot screenshot screenshot screenshot
記事
%e3%83%ac%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc
%e3%83%ac%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc
%e3%83%ac%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc
%e3%83%ac%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc
%e3%83%ac%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc
HP
kousikisaito
kousikisaito
kousikisaito
kousikisaito
kousikisaito


※1:1000株(M字修正分)の料金

 

>自毛植毛クリニックランキング<

 

管理人カールが19年かけて辿り着いた

薬や育毛剤に頼らなくても永久に髪が生える方法!!!

コメントを残す