ミノキシジルとミノキシジルタブレットの総まとめ講座【効果画像付き】

毎日TVCMでも宣伝されていて日本で一番有名な発毛剤にも使用されているミノキシジル。

僕個人としてはミノキシジルタブレットの継続使用歴が9年ほどあり、海外製のミノキシジル発毛剤を使用した年から数えるともうすでに19年くらいが経過しています。

この間にミノキシジルからはたくさんの恩恵をもらいましたし、同時にほろ苦い経験もさせてもらってきました。(※ 僕自身のミノキシジル体験記事。

このページではミノキシジル歴日本一のブロガーであるカールが興味津々なあなたに向け、ミノキシジルの基本中の基本からマイナーな情報までを一気にシェアしてまいります^^

 

ミノキシジル製品

ミノキシジル製品の数々

 

目次

ミノキシジルとは何か?

 

「ミノキシジルって育毛剤に入っている成分ですよね? 」育毛初心者の方であれば大体これくらいの印象でいると思います。

ですが、ミノキシジルはファイザー(元アップジョン社)が、1960年代に高血圧患者用の血圧を下げるお薬ロニテンとして開発されたのがそもそもの始まりでした。

1979年の時点でミノキシジル使用者の多くに頭髪を含めた全身に多毛症が出ていることが取り沙汰され始め、こうしてミノキシジルの「副作用」として発毛効果に脚光が集まりました。

それからの約10年で厳しい臨床試験が行われ、脱毛症に対して有効であることが確証された1988年には晴れてロゲインという名前で「発毛剤」デビューを果たします。

当初はアメリカのみの販売でしたが、これまでに約100ヶ国で売られるまでになり、日本では1999年にリアップという商品名で誕生、今では薄毛を治療する発毛剤としては1番ポピュラーになっています。

それでは育毛ルーキーにとって最も気になる?「ミノキシジル発毛効果」についてまずは詳しく見ていきましょう^^

 

ミノキシジルの効果とは?

 

のっけから正直なことをお話すると、ミノキシジルの効果については実のところ、「建前」と「現実」が存在します。

まずは「建前」ですが、約20年間ミノキシジル剤を国内独占販売してきた大正製薬の説明がわかりやすいので参照します。

 

ミノキシジルが効果を発揮する壮年性脱毛症とは、「男性型脱毛症」あるいは「AGA(Androgenetic Alopecia)」とも呼ばれ(略)ます。

 

とあり、ミノキシジルは日本人男性の3人に1人が経験するAGA(男性型脱毛症)に効果を発揮するとされています。

ちなみに、AGAというのは活性型男性ホルモンのDHTが悪さをすることで髪の成長が止まり薄毛になってしまう症状のことを言い、以下のような後退パターンが典型的です。↓↓

 

リアップ効果

 

で、実際にどれくらいの発毛効果をもたらすかと言うと、13ヶ月に渡ってミノキシジルを使用したグループの臨床実験データがあります^^

たとえば、こちらは約1年間ずっとミノキシジル5%の外用(塗り薬)を使用した結果、ドクターが評価を下したものです。↓↓

 

ミノキシジル実験

 

このデータによると、約3ヶ月(12週間)経過した時点で、全体の6割くらいの人に毛髪成長の好転作用が見られたことがわかります。

とはいえ、これは「軽度改善」とあるので、ごく微量に過ぎず、ハゲ部分が見えなくなるほどではないレベルです。

しかし、半年間くらい(24週間)経過すると、約半分の47.9%の患者の頭部に「中等度改善」が見られ、薄くなっていた領域が発毛により部分的に被われる状態になりました。

そして使用を続けた1年後では、約7割弱の66.7%もの人が同レベルの改善ができたと判定されています。

なので、ミノキシジル発毛剤を使用する3分の2以上の人は必ずプラスの効果を実感すると期待できるわけですね。

でも、敢えて厳し目に突っ込みを入れてみると、「著名改善」つまり、薄くなった領域がほぼ完全に被われて、完璧に回復できた例はたったの1割(11.1%)しかいません。。

10人使用したら1人だけがフサフサに髪が生えてくるという…ちょっとした宝くじ感覚に近い感じです。

しかも、52週目の1番上の部分からは「悪化」評価を受けた患者も少なからずいることがわかるので、ミノキシジルが万人に効く完璧な育毛剤ではないことも理解できるでしょう。

 

今しがた分析したのは医者から見た評価データでしたが、本人から見た評価データも発表されています。↓↓

 

ミノキジル実験3-2

 

これを見るとわかるのは、1日に2回使用した4ヶ月後(16週後)には約7割もの人が「少し良くなった」以上の評価を下していることです。

52週後、つまり約1年後には13.3%が「非常に良くなった」、46.7%が「良くなった」、31.1%が「少し良くなった」と判断しています。

言い換えると、全体の90%以上の人がミノキシジルの発毛効果を実感していることになるので、なんとも頼もしい限りではないでしょうか^^

ただし、本人評価の部分でも ごく若干数ではありますが、逆に「悪化した」という印象を持っている人も存在していることから、やはり100%良い効果をもたらす完璧な育毛剤ではないとも言えます。

結局のところ、自分の頭部にミノキシジルでどれくらい生えてくるかは使って見ない限り誰にもわからないので、参考程度にとどめておくことが正解というわけです。

ところで、発毛を実感できる2大要素といえば、髪のサイズです。つまり、本数と太さの二つの要素がプラスになればなるほど満足度の高い「発毛効果」を感じられるという観点から、この部分についても臨床データが発表されています。

まずは髪の本数について。↓↓

 

本数 データ

 

上のデータによると、ミノキシジル使用後の1ヶ月後には1㎝2中でわずが1.4本の増加量でしたが、3ヶ月後以降は軒並み20本以上の増加に膨れ上がり、それを維持していることがわかります。

髪の本数そのものが増えていることから、ミノキシジルが育毛剤としてではなく、発毛剤として販売されているのは何ら不思議ではないことがこれを見てもわかりますよね^^

髪の太さについてはどうかというと、↓↓

 

太さデータ

 

上の表は1㎝2当たりで「太さ40μm以上の毛髪数の変化」をグラフ化したものですが、3ヶ月後に20本以上の毛髪が40μm以上もサイズが増えたとあります。

「μm(マイクロメートル)」ってなかなか馴染みのない単位ですが、「μm=1/1,000mm」になります。

ちなみに、日本人の髪の太さは大体約50µm~と言われているので、40μm以上もサイズが増すということはかなり存在感のある髪にまで成長することがわかりますね。

 

最後のデータとして、ミノキシジル配合量に応じた効果の違いについて扱ったものもあります。↓↓

 

リアップ効果

 

ミノキシジル1%入りと5%入りそれぞれの比較データになりますが、1㎠当たりの総毛髪数の変化をグラフ化したところ、ミノキシジル5%入りのほうが効果が高いことが証明されました。

半年後で見ると、1%で15.4本、5%のほうで21.8本ということで、増加数に6.4本の差がついています。

このことから、ミノキシジルの配合濃度が高いほど髪の毛が増える傾向にあることもわかります^^

 

ミノキシジルの効果まとめ

 

以上のデータをまとめると、ミノキシジルの効果については、

 

 使用した90%以上の人に好転作用が出る

 劇的に薄毛が治る著名改善は10%にとどまる

 効果が現れるまで3ヶ月以上はかかる

 悪化してしまう人も極少数だが存在する

 髪の本数だけでなく太さも増加する

 ミノキシジル配合濃度が高いと効果がアップする

 

こうしたポイントが理解できました^^

 

ミノキシジル外用発毛剤を使ってみたカール個人の感想

 

今しがたミノキシジルの効果について客観的な証拠となる「建前」のデータをお伝えしてきましたが、僕個人の実感したことについてもシェアしておきたいと思います。

僕は10代後半ですでにM字ハゲの兆候があったので、20歳そこそこだった当時、販売され始めたばかりのミノキシジル発毛剤「リアップ」を速攻で買いました。

もっというと、実はその前からも個人輸入代行通販サイトを使ってアメリカ産のミノキシジル剤を取り寄せて使っていたんですが、実はいずれの場合でも髪は生えて来ませんでした。。

僕個人の実感では、産毛すら生えてこなかったですし、アルコールが入っていた関係で使い心地も悪く、1年も続かずに諦めてしまいました(´∀`;)

鳴り物入りで投入された製品であってもこうした散々な結果に終わってしまったので、あの頃は育毛剤全てに対して失望感を抱くしかなく…自毛植毛の道へと進んでいった過去があります。

でも、それからまた時代が変わってくると、ミノキシジル配合濃度がかなり高めのものが現れたので、フォリックス(旧ポラリス)を使用した時には確かにM字にも髪が生えてきて「外用(塗るタイプ)でも効果が出るんだΣ(゚Д゚)…」と新鮮な感動を味わえました。

 

s_フォリックス

ミノキシジル16%入りの塗り薬ならM字にも生える可能性が

 

なので、前髪から徐々に薄くなるM字ハゲパターンはなかなか育毛剤が効きにくいのは確かなんですが、ミノキシジル配合濃度が高いものを選べば生えてくる可能性は十分にありますので、もし僕と同じ悩みがある人は参考にしていただければと思います^^

以下、ミノキシジルの効果についてよくある質問について簡単に取り上げておきます^^

 

ミノキシジルは円形脱毛症にも効くんですか?

 

ミノキシジル発毛剤「リアップ」を販売している大正製薬によると、

 

・壮年性脱毛症(AGA)以外の脱毛症(例えば、円形脱毛症、甲状腺疾患による脱毛等)の人、あるいは原因のわからない脱毛症の人。

・脱毛が急激であったり、髪が斑状に抜けている人

 

使用が適さないと明記されているので、恐らく使用しても効果は期待できないでしょう。

詳しくは後述しますが、ミノキシジルに発毛効果が出るのは主に髪の毛包を活性化させる作用があるからなので、理論的に言えばすでにある髪に対してプラスの影響を及ぼすことは十分に考えられますが、髪が抜けた原因がそもそもストレス性や精神的な要因にある場合にはミノキシジルの適応外になるので、こうした理由から「円形脱毛症」の方にはミノキシジルの使用は適さないとされているのだと思われます。

それでも、頭皮に問題がない限り使って様子を見てみるよう提案するドクターはいらっしゃいますし、僕も使用に関してはとりとめて問題はないと考えています。

 

他の育毛剤と併用して効果を倍増させることができますか?

 

髪を一刻も早く生やしたい気持ちはとても理解できることですけど、お勧めできません。

大正製薬の公式の回答にはこうあります。

 

これら(他の育毛剤等)を使用する場合はミノキシジル発毛剤の使用を中止してください。同時に使うと本剤の吸収に影響を及ぼし、副作用の頻度を上昇させるおそれがあります。

 

ミノキシジルは単体で使用しても副作用が出る恐れのある医薬品なので、他の製品と併用するとわけのわからない現象が現れる可能性がありお勧めできません。。(※ 詳しい副作用については後述。)

なので、ミノキシジルの外用(塗り薬)を使用するのであれば、半年から1年はそれだけで髪が生えるか様子を見ることにして、他の塗り薬や育毛剤は使用を控えることをお勧めします。

 

1日に2回塗るのが基本ですが、回数を増やして効果を早めるのはどうでしょう?

 

1日2回より多く使っても効果はあがりません。回数を増やしたり、多く塗ったりしても毛成長の速さが速くなることはなく、かえって副作用の頻度を上昇させるおそれがあります。

 

ミノキシジルの販売会社からはこうした回答も出されています。

 

僕自身は少しでも長持ちさせたいので、逆にピンポイントに少量だけ使用するようにしています(笑)

多く使っても頭皮バリアで全部が吸収されるわけでもありませんし、無駄使いになるだけなので、どんな育毛剤にしても説明書に書かれている量の若干少なめを基準に使っています^^

何回も塗るのは無駄遣いになるかもしれませんし、頭皮にとっても負荷がかかってよくありません。

 

ミノキシジルは本当にM字ハゲにも効果があるのか?

 

先ほども自分の感想の部分でお話しましたが、恐らく、1%程度のミノキシジル剤ではM字に満足いくほど生えることはほとんどないと思われます。

忌憚なく言うと、「気休め程度」で終わるはずです。

そこまで言い切れるのは、すでにミノキシジル発毛剤がデビューしてから日本でも20年程度経過しているのに、1%や5%の外用タイプを使用したM字ハゲの人の生え際ラインが横一直線になるくらいまで完璧に回復した症例画像を一度も見たことがないからです。。

もし仮にそのような写真があったとしても、それはミラクルに過ぎず、一般的な効果とは言い難いので現実的ではないでしょう。

なので、あなた自身もM字ハゲのパターンでこれから育毛剤デビューを控えているのであれば、ミノキシジルに対しての過度の期待は禁物です。

AGAクリニックの宣伝にしても大正製薬のコマーシャルにしても積極的なイメージを植え付けようと必死ですが、リアルな現実は上記に挙げてきた内容のままであることを肝に銘じていただければと思います。

ちょっと悲しい現実ですが、そのことを受け止めて他の打開策を考えたほうが建設的です^^

 

ミノキシジル製品で最高の発毛効果をもたらすのは?

 

国内・海外も含め発毛剤としてのミノキシジルはどれも「外用」と言われる「塗るタイプ」の製品だけに認可が下りています。

ただし、実は裏技?があって、ミノキシジルには錠剤タイプの飲み薬もあります。

(※ 冒頭でミノキシジルは高血圧患者の血圧を下げるお薬として開発されたとお伝えしましたが、元はと言えばタブレット(錠剤)でした。)

で、育毛目的で塗布するタイプの製品を使うと、身体には皮膚バリアというものが備わっているので有効成分がなかなか浸透しないという側面がありました。

 

皮膚バリア (1)

皮膚バリアが育毛成分の浸透を妨げる…

 

こういう理由で、外用タイプの製品はもともと効果が出にくかったわけですが、錠剤タイプのものだと口を通して血液で運ばれ身体全体に行き渡ることから効果の出方が目に見えて倍増します。

それでミノキシジルを【飲む発毛薬】として使うと頭頂部・M字ハゲどちらにもかなりの確率で劇的な回復をもたらしてくれることがわかっています。

「百聞は一見にしかず」ということで、どれくらいの変化が期待できるかちょっと見てみてください。

 

例1

例2

 

僕自身もこのブログ内で何度も披露してきていますが、ある時期でのミノタブ戦略ではこれくらいの発毛を経験してきました。↓↓

 

ミノタブ効果

>僕はM字に自毛植毛をしたことがあり、既存毛と移植毛の間が薄毛でした<

ミノタブ効果2

 

これはたった3ヶ月の服用だけなんですが、かなり生えてきているのがわかりますよね??

 

しかも、実はこれにあるものを加えると更に髪の毛が生えてくるんですが、それはまた後半でお話するので期待していただければと思います^^

 

いずれにしても、自毛植毛以外ではミノキシジルタブレット以外にここまで髪を生やすアイテムはないと断言できるほどです。

ただし、ミノキシジルのタブレット版(通称:ミノタブ)は今までのところ発毛剤としての正式な認可が下りていないので、100%自己責任で取り組む必要があります。

 

え~!飲み薬は塗り薬よりも生えてくるのに、どうして発毛剤として未認可なの??

 

育毛ルーキーの方からするとこういう疑問が出るのはしごく当然かと思いますが、恐らく臨床実験の際によろしくない問題が出まくってそれを解決できていないのではないかと各方面で囁かれています(´∀`;)

後でも詳しくお話しますが、ミノタブはその性質上 効果が出やすい分、副作用も外用より出やすく、そのレベルは仕事や生活をしていく面で著しいマイナスの影響を与えてしまう場合があるほどです。(※ 副作用についての詳細は後述。)

なので、こうした現実を踏まえつつミノタブと上手に付き合っていけるかがM字ハゲを解決する上では重要なターニングポイントだったりします。

僕自身は当時 何が何でも生やしたかったので、頭痛・めまい・多毛症…など副作用のオンパレードでしたが、何とか我慢して飲み続けることでM字にもたくさん生やすことができました。

今振り返ればかなり強引だったな…と思いますが、その時代は健康よりも髪の毛優先でしたので後悔はしていません。(※ その時代の模様はこちらの体験記事で扱い済みです。)

 

これを読まれている方の中には、

 

 何がなんでも「髪を生やす」経験をしてみたい。

 でもどうやってミノタブを扱ったらいいのかよくわからない…

 

こんな風に当時の僕と同じように感じている方もいらっしゃるでしょうから、次からは「ミノキシジルの飲み方」についてご紹介していきたいと思います^^

 

ミノキシジルタブレットの正しい飲み方

s_%e3%81%82%e3%81%a0%ef%bd%93-1

ミノキシジルタブレット

 

ミノタブは高血圧を治す用途で認可されている海外薬品ですから、国内において薄毛対策用の適応が認められていない以上、説明書(添付文書)に書かれている内容がそのままAGA患者には当てはまらないことをまずは知っておいてください。

 

ミノキシジル説明書購入すると付いてくる説明書

 

それでも、そこに書かれた数値的なものも含め、健康を保つ上で役立つ情報なので参考にはできます。

以上の点を踏まえながら、ミノキジルの服用方法について考えていきましょう^^

 

何で飲むべきか?

 

必ず水で飲むようにします。

僕は面倒くさがり屋なので、手元にお茶などがあったらそれと一緒に飲んだりもしてきましたが(爆)、他の人は決して真似しないでください。。(※ 僕のミノタブの飲み方についてはこちらの記事を参照。)

説明書には「必ず水でお飲み下さい」とは書いていないんですが、他の薬剤と同様、いつどこで副作用が出てもおかしくないですし、何かあったら責任を負うのは全部自分です。

 

(ちなみに、ちゃんとお医者さんに診断してもらい正しい用途でお薬を処方・使用したのであれば身体に異変が起きたときには国が治療費用を保障してくれる制度があるんですが、育毛目的でのミノタブ服用はそうした保障を一切利用できない立場にありますから、より慎重な取扱いが必要となります。)

 

中にはお酒が好きで毎日飲んでいる人もいると思いますが、アルコールそのものにも血管拡張作用があり、血圧を下げる懸念があるので、もしミノタブと一緒に飲んでしまえば血圧が極度に下がりすぎてしまうことも考えられることから、一緒には飲まないようにしましょう。

この考え方でいけば、アルコール以外にも、イミグラン・ロキソニンS・バファリン・バイアグラ・ガスター10といった薬類もミノタブと併用するのは相性が悪いと言えるでしょう。(※ いずれも血圧に影響を及ぼす)

お薬の基本は「水」だけですので、くれぐれも無茶はしないようにしてください。

 

飲むタイミング

 

ミノタブは食前・食後どちらにでも自由に服用できます。

ただ、育毛目的で考えると、少しでも血中にお薬の成分がとどまっていたほうが良い結果を期待できるので、1日に飲む量を半々にして2回に分けて飲むことを検討できます。

僕自身は不精(ぶしょう)なので、寝る前に一回だけ飲むようにしていますけどね(苦笑)

朝や昼間に飲むと、めまいや頭痛などで仕事の効率が下がったり、幸せな気分を味わいにくいことから、ミノタブ使用期間中はもっぱら夜だけ服用するようになりました。

 

服用量について

 

僕がミノタブデビューをした時は、初めから多めの10mgタイプで始めました。

なんせ、その時はとても焦っていましたから、何はともあれ結果がほしくて滅茶苦茶でした(´∀`;)

ですが、これから始めようとしておられるあなたは5mgか最小の2.5mgタイプからスタートすることをお勧めします。

というのは、髪を生やすことも大事ですが、身体を壊してしまったら元もこうもなくなってしまいますので、少なめから始めて身体の調子を見つつ増やしていったほうが安全だからです。

ちなみに、ミノタブの説明書によると、

 

The recommended initial dosage is 5mg of minoxidil given as a single daily dose.

Daily dosage can be increased to 10,20 and then to 40mg in single or divided does if required for optimum blood pressure contorol.

The effective dosage range is usually 10 to 40mg per day. The maximum recommended dosage is 100mg per day.

 

と記載されているので、これは簡単にまとめると、

 

 初期投与としては1日1回5mgのミノキシジルを推奨。

 最適な血圧コントロールのため、毎日の投与量は10mg、20mg…40mgと段階的に増やしていける。

 通常は10~40mgだが、1日最大で100mgまでは増量できる。

 

というような内容です。

 

なので、これは高血圧患者向けに書かれた注意書きである以上、これをそのまま真に受けて飲むことは勧められませんけど、でも個人的に発毛目的で利用する場合に健康を保つための目安として参考にできるわけです。

多くても5mgくらいから始めて、頭と体調(副作用)の様子を見ながらミノキシジルの加減をして、自分オリジナルの最適な飲み方を確立していきましょう^^

 

ちなみに、僕自身は一度に10mgまでしか飲んだことがありませんが、以前AGAクリニックでカウンセリングを受けた時には「20mgくらい飲んでいる人もいますよ^^」と先生がおっしゃってたのを覚えています。

繰り返しますが、薄毛対策用としてのミノタブ臨床実験データは存在しませんし、メーカーも育毛目的での添付文書は準備していないので、ミノタブの取扱いは全て自己責任で行っていく必要があることを忘れないようにしましょう。

 

ミノキシジル外用剤・内服薬の副作用

 

これまでに何度か副作用について語ってきたので、具体的にどんな副作用が出るのか気になってしまっている状態の方が多いかもしれませんね(´∀`;)

正式に報告されている症状と僕個人でも経験してきたことを含めながらできるだけ細かくお伝えしますので、実際に服用すべきかどうか検討する上で参考にしてみてください^^

 

初期脱毛

 

初期脱毛とは、薬を飲み始めたばかりの一定期間に渡り、異常な抜け毛を経験することを言います。

これから始める人にとって気がかりなのは、一体いつから多めの脱毛が始まり、どれくらいの時間続き、何本くらい抜けるんだろう…ということだと思います。

ミノキシジルタブレットを使用した人達の口コミを見ると、その辺の塩梅が大体分かるのでご紹介しましょう。↓↓

 

約100日が経過しました。
噂通り初期脱毛はありました。通常の倍以上は抜けましたが見た目にあまり変化がなかったおかげで凹むことなく継続出来ました。

 

初期脱毛を味わった時は絶望感しかありませんでしたがそれを乗り切るともう凄いです。やはり内服の方が薬は効くのだと実感しました。

 

服用して1ヶ月半経ちました。
フィンペシアとリジンも同時に服用してますが、最近まで初期脱毛に悩まされてました。

 

1月目ごろには抜け毛がひどくかなり焦りましたが、錠剤を1/4に減らし朝飲むようにしてとにかく続けました。

 

初期脱毛で笑いが止まらないぐらい抜けたが、15日が過ぎたあたりから抜け毛が治まった。

 

服用期間は50日目となり経過を書き込みたいと思います。
初期脱毛期間
2週間〜4週間 で止まりました。
本当に私の場合は酷い結果になり(≧∇≦)いわゆる侍ハゲ
太く生えていた毛も抜け最悪でした。初期脱毛の事を考えて短髪にしてから服用しましたが予想以上に・・・(≧∇≦)

 

最初の1か月は抜け毛も増え、止めようかとも思いました。
1か月を過ぎたあたりから、慣れてきたのか、シャンプー時にも抜け毛がほとんどなくなりました。

 

これらの口コミを総合的に分析すると、ミノキシジルタブレット服用後に初期脱毛の副作用が出るのは、

 

 飲み始めてから1ヶ月以内

 普段よりも倍以上の脱毛で絶望感を抱く程のレベル

 細い毛だけでなく太い毛も抜ける

 長くても1ヶ月弱~2ヶ月くらいで治まる

 

ということがわかります。

 

もちろん、人によってはこれとは違った形で現れる場合もありますが、大体はこういった流れで経験する人が多いということです。

そして実は僕自身もこれと同じような流れを経験してきました。

 

詳しくは体験記事の中でも報告済みですが、ミノタブを飲み始めた3、4日後に突如として抜け毛が激しくなり、シャワーの時だけで200本以上の髪が抜け落ちていきました。

1番のマックスは400本単位でこれが大体3日くらい続いたときにはかなり呆然としたのを覚えています。

ちょっと髪の抜け毛が増えてきたかなぁ?とか、鏡を見たらなんかボリュームが出ないなぁとか、そういうレベルでなくて、頭を洗う両手に髪がわんさか絡みついてくる正に異常事態のような有り様でした。

なので、初期脱毛の副作用が出る場合は、明らかに異常な抜け毛なので、服用を検討している人はこの辺のメンタルを前もって鍛えておくことをお勧めします(´∀`;)

もちろん、ミノタブを飲めば必ず出る症状とは限らないので、その辺の副作用が出ないまま髪が徐々に増えていくパターンもあります。

ただし、初期脱毛を経験した人はそうした何の副作用も感じない人よりもダイレクトに増毛を実感しやすい傾向があるので、ぜひ期待していただければと思います。

というのは、初期脱毛が起きるということは、抜けていったそれら髪達がもれなくミノキシジルの影響を受けまくっている証拠だからです。

尋常ではないほどの刺激を毛母細胞に与えることで髪がびっくりして抜けた?ということは、それらの毛は休止期を経た3,4ヶ月後に必ず新しい芽を出します。

事実、200~400本程度の恐ろしい初期脱毛を経験しながらミノタブ服用を止めなかった人で「たくさん抜けたまま生えてきませんでした…」と報告している人はネット上も含めて皆無です。

つまり、初期脱毛経験者は軒並み著しい発毛を経験していて、僕もその中の一人ですから、発毛の大逆転が起きることをほぼ100%保障できるわけです^^

なので、この初期脱毛という副作用はとても不安を煽る要素にはなりますが、ある意味で経験しておいたほうが良いとも言えると思います。

逆に初期脱毛がなかった場合は「それなりの増毛」で終わるかもしれません。

 

ミノタブ効果

初期脱毛を経験する人は…その後にめちゃめちゃ生えてくる可能性大^^

 

僕の場合は、3週間前後で異常な脱毛が急に止まると、シャワー時の抜け毛が一桁台と極端に減ったのでミノキシジル効果はかなり顕著でした^^

表に出てくる現象すべてが斬新だったので、面白い感覚でもありましたね。人体って神秘的だなぁ~としみじみ感じました。

 

開始3日後に初期脱毛▶3週間後に脱毛完全ストップ▶3ヶ月後からニョキニョキと生え始め▶1年後には完璧に回復…

 

完全回復

カール本人の増毛レベルは120%^^

 

あなたの場合にも同じ結果になるかはわかりませんが、僕のケースではこのような経過を辿りましたので、参考にしていただければと思います^^

(※ ちなみに、初期脱毛の副作用は外用(塗るタイプ)の臨床データでも正式な報告が上がっていますが、ここまで凄まじいレベルの初期脱毛は飲むタブレット版だけに出る副作用だと思われます。)

 

多毛症

 

二つ目の副作用は身体全体のムダ毛が増える多毛症で、この現象も多くの口コミで取りざたされています。↓↓

 

副作用は特に無く期待していた多毛症だけです(^^)
頭髪、眉毛、ヒゲ、指毛、手の甲、足毛と全体的に長くというか、腰が出てると言った方が良いですね。これも効果の証です。

 

開始1月経過で、もみあげが顎の辺りまでうっすら生えてきた。顎髭も少し範囲が広がり濃さもアップ。また、頬から目元まで細かい産毛が大幅に増加しも濃くなった。胸~腹には少し産毛が生えてきた。

 

ヒゲが生えるスピードが上がってしまい毎日の髭剃りはちと大変です。
嬉しかったのはまつ毛まで伸びた事ですね。付けまつ毛かというようなくらいです。

 

僕自身も彼らと同じで、眉毛・まつ毛・手首~甲の毛・あごひげ・すね毛・おしりの毛の増加を経験しました。

正直、手首から甲にかけての毛、すね毛、おしりの毛の部分はある一定以上伸びてくると自分でもみっともない感じがしたので嫌な気分になりました。

特に、手の甲にモサっと生えていると、一緒に食事をしているときとかに飲み物に手を出すと相手の視線を感じることがあり…常に惨めな気持ちでした(´∀`;)

なので、僕はそれに耐えられずに一時期は毛抜きで処理をしていたんですが…でも結婚してからは段々とどうでもよくなってきて、今ではあまり気にしないようになっています(笑)

ムダ毛処理の面倒さはデメリットですが、でもまつ毛が長くなったのは逆にメリットだったかなと思います。

ミノタブを飲みはじめて半年くらい経ったときに、「整形してないよね?」なんて親友から言われたりしましたが、どうやら目が大きく見える効果もあったようです^^

 

むくみ

 

むくみもよくある副作用の一つです。

 

副作用の顔のむくみが出ました。効果はありそうですが、中止しました。

 

夫が飲んでます。
飲み始めてから1週間後に脚のむくみが現れました。

 

効果を感じつつも副作用のむくみに悩まされました。
運動をしたりして水分を排出を試みましたが、朝起きた際にコンタクトレンズが入らない位まぶたがむくみ、人に会うたびに指摘されるようになったので泣く泣くやめました。今は塗るだけにして頑張っております。

 

コンタクトが入らないくらいむくみが出るっていうのは珍しいレベルですが、顔のちょっとしたむくみを感じる人は多いようです。

僕自身は飲みだした当初は自覚症状がなかったんですが、年齢を重ねるにつれて実感するようになりました。

今では飲むと翌朝には必ず顔全体が太った感じに見えるので、大切な人に会うことが決まっている日の前日には服用を控えるようにしています。

ちなみに、むくみに関しては、ミノタブと外用どちらにも報告があり、添付文書にも記載されています。

 

頭痛・めまい

 

正直、最初の1か月は頭痛に悩まされ、抜け毛も増え、止めようかとも思いました。
1か月を過ぎたあたりから、慣れてきたのか、頭痛もなくなりました。

 

1日二回飲んだ時は頭痛とかに襲われましたので、今は一度の服用にしています。
以来、頭痛はありません。

 

頭痛のため一旦取り止め、4分割で朝のみとし、2分割に増量しました。これを約1カ月続け、頭痛もしなくなったため3月から1錠飲み始めました。

 

面白いのは、僕もそうなんですが、飲み始めたばかりの時は意識が朦朧(もうろう)とするぐらい目眩や頭痛がすることがあるのに、我慢して飲み続けていくと、次第にそうした副作用がなくなっていくことです。

僕の場合だと飲みはじめて2,3日後には仕事に影響が出るくらい頭がグラングランし始めました。

スゲ~コレ((((;゚Д゚)…って思わず仕事の手がストップするくらい、目眩(めまい)がしました。

でも当時は生やしたくて仕方がなかったので、とにかくだましだまし飲み続けていたら、初期脱毛と一緒に頭痛も目眩もなくなっていきました。。

なので、健康を取るのであれば無理には勧めませんが、あの頃の僕と同じで髪を生やすことを第一に考えている方であれば、まずは1ヶ月飲んでみて様子を見てみることをご提案します。

車の運転とかに影響が出るくらい凄いときは服用を控えるか飲むタイミングや量を調整してみることもできるでしょう。

目眩や頭痛の副作用は外用・内服薬ともに出る可能性があります。

 

心臓の痛み(狭心症)・うっ血性心不全・動悸等

 

外用ミノキシジル剤の説明書にはこうあります。

 

心臓又は腎臓に障害のある人は使用前に医師又は薬剤師に相談してください。

本剤は心臓や腎臓に影響を及ぼす可能性が考えられます。

 

タブレットの説明書にも、「Occasionally, pericardial effusion with or without tamponade(3%),CHF or angina occurs.」とあり、胸の痛みやうっ血性心不全など、心臓周りに負担をかける可能性がしっかりと書かれています。

なので、口コミを見ても…

 

残念ながら自分には合いませんでした。10mgを半分にして飲んだのですが、すぐに心臓へ明らかな違和感が現れました。そのうち慣れるかなと思い、しばらくの間は飲みつづけましたが、握られるような痛みに変わったところでギブアップ。

 

最初の3日は胸をつかまれたような痛みがありました。

 

と、少なからず被害を訴えている人がいるので、心臓などに違和感を覚えたのであれば取扱いに注意した方が良いでしょう。

基本的に薄毛専門のクリニックでミノタブを処方してもらった後に心臓の痛みを報告した場合だと、医者から中止を提案されて外用に変更するような形を取ります。

僕の場合は、時どき心臓がズキンと反応することもありましたが、初期の頃は気にせずに飲み続けていました(苦笑)

40代になった今では健康を意識するレベルが上がったので、あまり無理しないようにしています。

聞きなれない「うっ血性心不全」などの副作用については以前の副作用記事で詳しく扱い済みですので、そちらを参考にしていただければと思います。

 

頭皮の炎症等

 

炎症は外用塗り薬で出る副作用ですが、頭皮そのものに悪い影響が出てしまう時があるわけですね。

リアップの説明書によるとミノキシジル濃度5%を使用している人の大体9%に副作用が現れて、その内訳は湿疹2.0%、毛のう炎2.0%、接触皮膚炎2.0%…と、公表されています。

 

その他の副作用とまとめ

 

そのほかにも、ミノキシジル製品には息切れ,呼吸困難、原因不明の体重増加などの副作用報告があります。

 

いろいろな副作用が報告されているので、育毛ルーキーからしたらとても恐ろしい薬?に思えてきたかもしれませんが、多毛症以外の副作用はどれも発現率が少なく1割以下なので、ミノキシジルやミノタブが「安全」だと見るのか「危険」だと見るのかは人それぞれの価値観で変わってくると思います。

興味深いのは、あるAGAドクターは当初ミノタブが発毛薬として認可されていないという理由から使用に反対していたのに、数年経過しても一向に「命を脅かす副作用」や「事故報告」が世界中から聞かれないことを根拠に「原則安全だ」と判断し直して処方を始めています。

ミノタブの扱い方は日本の医者達の間でも様々な見方があってどれが正解というのはありませんから、育毛ルーキーはそうした状況を鑑みて使用するかどうかを決めなければいけません。

ちなみに、不安を煽るわけではないですが、日本皮膚科学会の男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版では、

 

・ミノキシジル内服の有用性に関して臨床試験は実施されていない

・血圧降下剤・発毛剤いずれにしても日本では認可されていない

・ミノキシジルの内服療法は,利益と危険性が十分に検証されていない

 

という見地から、ミノキシジルタブレットによる療法は男性も女性も行わないように強く勧められています(苦笑)

しかし、僕自身の(自毛植毛の時にお世話になった)担当医である今川先生は、この見方に対して、

 

あのガイドラインは日本の某学術団体が作ったもので世界標準ではありませんし、強制力もありません。

AGAクリニックは例外なく(ミノタブを)処方していますが、そこで問題になったケースも耳にしていません。有効性の根拠のないの数種の薬をCランクにしておいて英文テキストにも有用性が記載され、実際に海外の某大学病院でも女性の薄毛にも処方されているミノキシジルタブレットをDランクにするのは勉強不足によるものでしょう。

ガイドラインを作ったほとんどの委員は立派な方だと思いますが、日本の某製薬会社から利益供与を受けている方も存じております。ガイドラインを作るからには利益相反に抵触する行動は慎むべきだと思います。(引用:https://www.yokobikai.or.jp/inquiry/Faq/detail/3653/

 

とコメントしておられ、ミノタブに対して一定の評価をしていて、実際にクリニックでもふさわしい場合に処方を行っています^^

 

ミノキシジル副作用のテーマとして、最後によく取り沙汰される質問についても以下にまとめておきますので、よろしければ参考にしてください。

 

ミノキシジルで鬱病になる副作用はありますか?

 

ミノキシジルの外用(塗るタイプ)やタブレット(飲み薬)を買うと付いてくる添付文書には副作用の欄に鬱病は記載されていません。

このことから臨床実験ベースでは鬱病が報告されていないことがわかります。

なので、ミノキシジルを単独で使用している分には鬱病になるリスクはないと考えられます。

ただ、フィナステリド錠で知られるAGA治療薬などには抑うつ症状の副作用報告があることから、それらと併用している場合には憂鬱な精神状態に見舞われる可能性はあります。

 

肝臓へのダメージはありますか?

 

これまでに臨床データベースでは外用・内服薬共に肝臓への副作用報告はありません。

ただ、平成25年度第4回薬事・食品衛生審議会医薬品等安全対策部会安全対策調査会において、リアップの使用者と薬剤師の自発的報告の中で一件だけ肝機能検査異常を訴えた方がいると明記されています。

なので、より作用が働くミノタブの服用者の場合も含め、肝機能が悪くなる可能性は否定できないわけですが、基本的には問題ないというのが現在の状況でしょう。

 

女性が使用する際の注意点

 

ここまでで、女性の方であれば「ミノキシジルは女性にも適応できるのかなぁ?」と興味津々になっていると思います^^

結論からお伝えしますと、答えはYESです^^

でも、取扱い方法が男性とちょっと違うので注意が必要ですし、お医者さんによっても見方が違っていますのでちょっと面倒くさいかもしれません。。(※ 繰り返しますが、特にミノキシジルタブレットは未認可ということで育毛対策用の正規な指針が作成されていないことから各医療機関・ドクターの間にも意見の違いが見られます。)

日本国内では、男性用としてミノキシジル濃度5%の外用が販売されていますが、女性用としては1%のみです。

先ほど紹介した日本皮膚科学会のガイドラインでも女性型脱毛症には1%のミノキシジル外用が強く勧められていますが、内服薬の方は逆に1番勧められていない状況です。

これは女性の数百名に昇るミノキシジル2%と5%濃度使用者両方の比較実験において「有害事象についてはまだ見解が一致していない」結果に終わっている状況から導き出された無難な結論だと思われます。

 

皮膚科学会資料

>皮膚科学会ガイドラインより<

 

つまり、ミノキシジルは女性にも発毛効果があることがはっきりしてはいるけど、副作用の出方については国内でつじつまが合う臨床データがまとまっていないから、とりあえずは1%の外用を使っておけば安全ですよ、というわけです。

なので、とにかく安全第一ということであれば、この指針どおり取り組まれれば良いでしょう。

ですが、先ほども紹介した僕が1番尊敬する今川先生によれば、

 

・女性へのミノキシジル外用の適量が1%とは驚きです。ずっと前から経験豊富な毛髪専門医なら男性と同じ5%を処方したはずですし、第一女性の方が効果が高いとでも言うのでしょうか?ちなみに現在アメリカのFDA(日本の厚生労働省に相当する機関)は女性に対しても5%の使用を承認しています。(引用:https://www.yokobikai.or.jp/inquiry/Faq/detail/3653/

・ミノタブ2.5㎎/日は適切だと思います。女性の薄毛の権威として世界的に有名なオーストラリアメルボルンの某教授も全く同じ治療法を行なっています。 (引用:https://www.yokobikai.or.jp/inquiry/Faq/detail/3625/

 

など、女性に関してもミノキシジルタブレットの使用方法も含めて積極的な情報を提供しています。

(ちなみに、ミノタブの添付文書自体には「授乳中の女性に投与すべきではない。」と書いてあるのみです。)

なので、女性であっても見識の広い信頼できる担当医のもとでなら外用ミノキシジル1%以外の有効な治療法も見つけ出せるかもしれません^^

 

ただ、女性の方は以下のような疑問も浮かんでくるかもしれませんね。

 

妊活をしている間はミノキシジルは控えたほうがいいでしょうか?

 

ネット上には服用しないように呼びかける内容が散見されますが、その具体的な根拠は伏せられたままです。

しかし、今川先生は掲示板でこのように語っています。

 

ミノキシジルの能書(説明書)によると、人間に対する経口や外用のミノキシジルの妊娠及び授乳への影響についての研究データはありません。人間の適量の5倍のミノキシジルを妊娠した動物に投与した場合の流産率はウサギでは増加、ラットでは有意差がなく、奇形率は両動物とも有意差はなかったというデータがあります。授乳については5㎎ミノキタブレットを1日2回服用している高血圧の女性についての研究が一例あるだけです。結論としては妊娠中授乳中の女性にはミノキシジルを使用すべきではないということのようです。男性が使用してる場合のカップルの相手方への影響についての研究はないようです。私は事実上問題ないと考えますがやはり控えた方が無難でしょう。引用:https://www.yokobikai.or.jp/inquiry/Faq/detail/3183/

 

ここまでのおさらい

 

一旦ここまでで扱ってきたミノキシジル情報をおさらいしておきますと、

 

 ミノキシジル外用の効果について

 ミノキシジル内服薬のもっと凄い効果について

 外用・内服薬の副作用について

 女性のミノキシジル使用について

 

詳しく見てきたわけですが、こうしたことを総合的に検討してみると、ミノキシジルは外用・内服薬どちらにしても自分の身体と毛髪の調子を見ながらまずは試してみることが実際的なんだなってことが理解できると思います。

というのは、普通の風邪薬でも眠気が出たりボ~っとすることからわかるように、薬であれば効果作用が強いので何らかの副作用が出てくるのは当たり前です。

で、ネット上にはいろんな人の書き込みがあったりはしますが、結局のところ自分がどのパターンに当てはまるのかは使用してみなければ誰にもわかりませんし、どんな名医にもわかりません。

そうであるなら、副作用などの消極的な情報は参考にしながらも、髪の毛の問題を確実に解決したいのであれば、ミノキシジル少量のアイテムから徐々に試していけばおのずと道が開けてきます。

もし嫌な副作用を感じたのであれば、自分には向かないことがわかって自毛植毛などを適応できるかもしれませんし、反対に何も副作用が出ずに増毛を実感できたのであればそのまま使用していくこともできるでしょう。

もちろん、初めから「健康第一」を盾にミノキシジルを全面的に使わないという決定もアリだと思います。

しかし、ここで同じくらい重要なことは、あなたがAGA(男性型脱毛症)であるならもし何もしないでほっておくと間違いなく薄毛は進行してしまうという現実です。

なので、髪の薄毛を是が非でも食い止めたいなら、ミノキシジルを長期的に使用するかどうかはひとまず置いておき、自分には効果があるのか・安全に使用できるのかをハッキリさせて一刻も早く薄毛治療をスタートさせることのほうが重要だということです。

薄毛治療は遅ければ遅くなるほど不利になって、先延ばしにすればするほど生やすことが難しくなっていく症状です。

でも中には「今のところはどちらとも言えないけど、費用が高いならしたくはない…」と考える人もいるかもしれませんね。

それで、次の部分からは気になる価格情報を含めたミノキシジルの外用と内服薬の具体的な製品について細かくご紹介していきます。

 

ミノキシジル系発毛剤の種類と価格について

外用(塗るタイプ)のミノキシジル製品

 

>厚生労働省認可の国内品<

 製品名 ミノキシジル配合量 容量 定価(1本)
リアップリアップ  1%  60ml 5500円
リアップ2リアッププラス 1% 60ml  5239円
リアップジェットリアップジェット 1% 100ml  3800円
リアップジェンヌリアップシェンヌ 1% 60ml  5239円
リアップ5リアップX5プラス 5% 60ml  7048円
メディカルミノキメディカルミノキ5 5% 60ml  7800円

※ クリーム色は各項目での最優秀数値。
※ 情報は変動するので、最終確認はご自身でお願いします。
※ 画像をクリックすると最安値の販売ページに移動します。

 

TVCMを始めとするメディアの影響力でリアップシリーズは薄毛の悩みがない人にも知られるくらい有名な発毛剤となっています。

なので、安心感を得たいなら迷わずリアップを選択すれば良いですし、その中でなら「X5プラス」が1番効果を発揮することを期待できるでしょう。

よく見ると、リアップジェットという商品が100mlも入っていて価格も安いので1番使い勝手が良いように見えるかもしれませんが、そのうちの33mlは噴射剤に使用されている成分なので、特にコスパが良いというわけではありません。

まあ、それでも67mlは薬剤なので、そのほかの製品と比べると7ml分はお得?なので、量にこだわるのであれば、リアップジェットを選択できるかもしれません。

ただし、ミノキシジル1%なので、「効果がわかるようになるまで少なくとも6ヵ月間」はかかるとされ、一方で5%入りのだと「少なくとも4ヵ月間」とありますから、1番即効性があるのはやはりリアップX5プラスということになります。

ちなみに、最後に紹介したメディカルミノキX5という製品は、お笑い芸人の宮迫さんを起用してCMでも話題になったスカルプDシャンプーを販売しているアンファーという会社が2018年から発売し出した製品です。(※ 厳密に言うと、この記事を書いている段階ではまだ販売開始していません。)

が、中身はリアップX5と変わりませんし、値段もリアップより若干高いので、外見・パッケージ重視でない限りは特にこれを選ぶ理由はみつからないでしょう。

結論として、国産の中で検討するのであれば、僕はリアップX5をお勧めします^^

 

>海外ミノキシジル外用製品<

 製品名 ミノキシジル配合量 その他成分 容量 価格
フォリ2フォリックス02  2% アデノシン、プロシアニジンB2、プロキャピル等  60ml 3757円
ふぉり5フォリックス05 5% 60ml 5084円
フォリ7フォリックス07 7% 60ml 4490円
フォリ12フォリックス12 12% 60ml 5190円
フォリ15フォリックス15 15% 60ml 4910円
フォリ16フォリックス16  16%  60ml 5190円
瀑毛根瀑毛根ローション  5% デュタステリド、オキシトシン   1箱30ml X 2本 8900円
 7% 9800円
ドクターゼロドクターゼロHP  5% 馬プラセンタエキス、デュタステリド、オキシトシン 60ml 4990円
 7% 5512円
見るいMるヘアーオメガ・セラム  2% 118ml 3265円
ロゲインロゲイン  5% 60ml ✕ 2本 5586円
ロゲイン女性女性用ロゲイン  2% 5705円
カークランドカークランド  5%  60ml ✕ 2本 3355円
カークランドフォームカークランドフォームタイプ  5% 60ml 3310円
 アクタビスアクタビス2%  2% ?ml ✕ 2箱 3954円
アクタビス2アクタビス5%  5% 4632円

※ 海外製品なので為替により料金が変動します。
※ 最終確認はご自身でお願いします。
※ 画像クリックで最安値の販売ページに移動します。

 

とりあえず、海外製品は本当にいろいろありますね(´∀`;)

 

全体的に国内よりもミノキシジル配合量が多い製品が多く、値段も割安なのが特徴となっています。

なので、節約を重視するのであれば、海外版の製品を使用するのが得策でしょう。

 

中でも1番安くてコスパが良いのはカークランドです。

 

たとえば、国内のリアップX5だと60ml容量で一本7000円以上するんですが、カークランドだと同じミノキシジル5%の60ml容量ボトルが2本も付いて約半額の3400円前後ですΣ(゚Д゚)

値段が半分で量は2倍になるって…かなりのバーゲンセールですよね(笑)

 

値段よりも中身で選びたいという場合であれば、フォリックスシリーズだとミノキシジル配合量を細かく設定できるので、口コミなどを参考にしながら自分に合いそうなものを選べばいいでしょう。

近年日本でも正式に認可されたAGA治療薬の成分デュタステリドを配合した爆毛根なども面白いと思います。

デュタステリドは内服薬として認可されているのみですが、外用タイプの発毛剤にミノキシジルと合わせて配合して販売しているのは僕が知る限りコレだけです。

まあ、口コミを見る限りではそれほど手ごたえを感じにくいようですが、成分配合としては最強かもしれないので試してみる価値はあるでしょう。

僕自身はピンチのときにフォリックスの16%を使うようにしていますね。

 

ちなみに、ご存知かと思いますが、1番コスパが良いカークランドにしてもフォリックスにしても普通のドラッグストアでは取扱いがなく、個人輸入の通販サイトでしか購入できませんのでご注意ください。

 

ミノキシジルタブレット(錠剤の飲むタイプ)の製品

 

>ミノタブ製品一覧<

 製品名 ミノキシジル配合量 容量 価格(1箱)
ミノタブ1TOファーマ社製  5mg  100錠 2957円
ミノタブ2TOファーマ社製 10mg 100錠 3251円
minotabuT.O.CHEMICALS社製 5mg 100錠 2269円
ミノタブ4T.O.CHEMICALS社製 10mg 100錠 3124円
ミノタブ5LLOYD社製 2.5mg 100錠 3400円
ミノタブ6LLOYD社製  5mg  100錠 3700円
ミノタブ7LIOYD社製  10mg   100錠 4000円
ミノタブ8SUN PHARMACEUTICAL社製  2.5mg 100錠 3997円
ミノタブ9SUN PHARMACEUTICAL社製  10mg 100錠 6051円

※ 海外製品ですので為替により料金が変動します。
※ 情報は変動するので、最終確認はご自身でお願いします。
※ 画像クリックで最安値の販売ページに移動します。

 

はい、こちらもたくさん種類があり過ぎて戸惑うレベルですね(´∀`;)

どの会社の製品にしても同じミノキシジルを使っていますので、基本的に効果・効能は変わりませんから、配合量と価格帯でチョイスすればOKです。

ただ、こうした海外製品は製造国によって工場の管理基準や体制が異なるので、ミノキシジルの品質や成分量のズレなどの問題が生じるかもしれないと噂されています。

なので、実績や信頼性のある会社を選ぶようにすることも一つの指針にできるでしょう。

たとえば、表内の始め二つの商品を扱っているTOファーマ社T.O.Chemicals(1979)Ltd.はタイにある同じグループ会社で、主に特許切れになった成分の薬品を製造して安価に販売しているところで有名です。

僕がミノタブを服用し始めたときはこの会社のものが1番ポピュラーで(今もそうですが)、しかもセットで買うと更にバカ安になることからずっとこちらの製品を愛用し続けています。

 

次のLloyd社はフィリピンで誕生した製薬会社ですが、インド・シンガポール・アメリカにも支社を持つグローバルな会社で、意外?にもISO 9001という品質マネジメントシステム取得に成功しています。

ISOというのは簡単に言うと、国際間の取引においての共通基準を確立するための規格のことで、『常に会社が良くなるようにルール化する』仕組みを作り上げ、会社が良い方向へと変わっていけるシステムが出来上がっていると判断された会社にだけ与えられるものです。

つまり、「ルール化した管理体制が徹底されている健全な会社ですよ!」と第三者(ISO審査機関)を通してお墨付きをもらっているところなので、消費者は安心して利用しやすいというわけです。

Lloyd社製はそうした安心材料があるので、「成分の仕入先や量などの面でズレが起きにくい」と判断しやすいですし、ミノキシジル配合量も3段階に分けて販売されているので、日本人的には精査すればするほど親近感を持ちやすい会社と言えると思います。(ただ、値段は先ほどのTOグループ社製に比べると割高ですけどね。)

 

最後のSUN PHARMACEUTICAL社は1983年にインドで創設された会社で、45以上の国に製造工場を持ち、日本を含む150を超える国々に薬を提供しています。

この会社のミノタプは名前にもUSPという文字が入っていることからもわかるように、アメリカの薬局方に登録されていますし、アメリカの厚生労働省に相当する食品医薬品局(FDA)にも認可されているものです。

なので、こちらのミノタブも品質に関しては信頼しやすいものと言えます。(そのかわり値段は1番高めに設定されています。)

 

ミノタブ製品については以上になりますが、品質の確かさを1番に追い求めるのであればSUN PHARMACEUTICAL社Lloyd社製のものにして、コスパ重視ならT.O社製のものにすれば良いでしょう。

 

ミノキシジル製品全体のまとめ

 

ミノキシジル関連の製品は外用と内服薬を合わせるとたくさんあり過ぎて、これから初めてチャレンジするルーキーからするといろいろ迷ってしまうかもしれませんね。

お勧めとしては、ある程度の副作用も我慢できる覚悟があって、何が何でも生やしたいという状態でしたら、ミノタブ2.5mg錠から始めてみることですね。

それで副作用が許容範囲だとわかれば、5mgにして髪を一気に生やしにかかれるでしょう。

「とにかく安全第一で髪の毛は二の次」という方であれば、5%の外用タイプのものからスタートしてみましょう。

でもその場合だと、冒頭の効果データの所でもご紹介したとおり、フサフサになるまで回復する著名改善はほとんど期待できないので、現状維持かそこそこ髪が生えてくる程度にしかならないことを知っておいてくださいね。

ちなみに外用であれば、僕は使い勝手が良くて値段も高くない、配合量も選びやすくてカスタマイズしやすいフォリックスをおすすめします。

 

ミノキシジルタブレットを処方してくれるクリニック

 

これまで見てきたとおり、ミノキシジルタブレットは個人輸入の通販ショップを利用すれば誰でも気軽にゲットできます。

でも、中には、

 

副作用が気になるので、医者に診察してもらいながら二人三脚で薄毛治療をしたいな

 

っていう人も一定数いると思います。

ですが、ミノタブは一般の病院では処方してもらえないのが現状です。というのは、ミノタブは日本において血圧降下剤・発毛剤いずれの面でも認可が下りていないお薬だからです。

でも、厚生労働省は医師の責任において海外から輸入調剤して処方することは認めているので、これまで考えてきた要素を検討して良心的にミノタブ療法を行ってもいいだろうと判断を下したAGA専門クリニックではミノタブを処方しています。

なので、そうしたクリニックを選べば、ちゃんとお医者さんに診察してもらいながらミノタブを服用していくことができます。

以下に利用しやすいクリニックをまとめておきますので、参考にしてください。

 

>ミノタブ取扱いクリニック<

 クリニック名 初診料 ミノタブ料金
(一ヶ月分)
遠隔診察 所在地
s_スキン (1)AGAスキンクリニック  5000円  14000円~ 全国50院
s_湘南外科湘南美容外科クリニック 無料 17550円 全国52院
s_駅前イースト駅前クリニック 無料 8200円 全国13院
s_AGAヘアクリニックAGAヘアクリニック 無料 10000円 秋葉原
のみ
s_yokoヨコ美クリニック 3000円 2400円 横浜
のみ

※ 情報は変動しますので、最終確認はご自身でお願い致します。
※ 「遠隔診察」とはPCやスマホを使って診察してもらえるサービスのことですが、詳しい内容については「通院不要【AGAクリニック遠隔治療】のメリット・デメリット」記事を参考にしてください。

 

ミノキシジル VS プロペシア(フィナステリド)の比較対決!どれを使ったらいいの?

 

ミノキシジルに興味津々の方であれば、恐らくプロペシアという名前も聞いたことがあるのではないでしょうか?

こういう薬です↓↓

 

screenshot

 

このプロペシアはもともとアメリカのメルク社が開発したAGA治療薬で、日本では2005年に厚生労働省から認可されているお薬です。

なので、プロペシアは信頼性のあるアイテムではあるんですが、育毛ルーキーの方であれば「ミノキシジルと比べると一体どちらの方がハゲを治せる効果があるんだろう?」と考えることでしょう。

プロペシアもミノキシジルと同じくAGA(男性型脱毛症)に効果が出るお薬なので、結論から言えばどちらでも構わないんですが、この二つの薬の作用の仕方が全く違うことから、両方一緒に使うと更に育毛効果を期待できるようになります^^

どういうことかと言うと、一般的に後頭部や前髪が少しずつ後退していく薄毛は、DHT(ジヒドロテストステロン)という活性型男性ホルモンによる影響が主な原因です。

 

AGA男性のヘアサイクル
DHTにより髪の成長が止まりハゲていく…

 

で、この憎たらしいDHTという悪玉ホルモンはどこから来るかと言うと、テストステロンという男性ホルモンが5α-リダクターゼという酵素と結びつくことで作られます。

 

DHTについてDHT

テストステロン5a還元酵素DHT

 

テストステロンというホルモンは、もともと髭を生やしたり、骨や筋肉、精子の生成、性欲上昇といった男性の体を作るのに大切な働きがあるんですが、5α-リダクターゼという酵素と一緒にくっついてしまうとDHT(ジヒドロテストステロン)という強力なホルモンに変わり髪の薄毛を誘発し始めてしまうのです。

なので、この問題を根本的に解決するには、まず何よりも薄毛の原因となるDHTを何とか退治しなければならないということです。

頭の良いあなたならすでにお気づきかもしれませんが、このDHTを排除するには、それを作り出すきっかけとなる5a還元酵素を阻害してしまえば良いということになります。

そこで、プロペシアを始めとするAGA治療薬が誕生しました。

実は、プロペシアにはフィナステリドという成分が含まれ、これには5a還元酵素を阻害する強力な作用があるので、プロペシアを毎日一回服用していくだけでDHTの産生を著しく抑制することが可能となり、その結果、乱れたヘアサイクルを元の状態に戻してくれるというわけです^^

 

ヘアサイクル

プロペシアで正常なヘアサイクルに戻れる

 

ちなみに、最近新しく出たザガーロデュタステリド成分)というお薬にも同じ作用があり、プロペシアよりも更に強力にDHTの産生を阻害してくれるのではないかと期待されています。

 

プロペシアとザガーロの作用

プロペシア&ザガーロ服用で確実にDHTを封じ込められる

 

じゃあそうすると、今度はミノキシジル自体にはどんな具体的な作用機序、つまりメカニズムがあるの?という疑問が出てくるわけですが、、、

 

簡潔に言うと、どうしてミノキシジルを使うと髪の毛が生えてくるかは未だによくわかっていません(笑)解明されていないんですね。。

 

少なくとも、血管を拡張させる作用はあるので、その影響で栄養が更に行き届くようになるから生えるんじゃないかと考える専門家もいますが、どうやらそれが1番の原因ではないようです。

むしろ、大正製薬がコメントしているように、ミノキシジルには髪を作る部分の「毛包に直接作用し、細胞の増殖やタンパク質の合成を促進することによって発毛」させると考えた方が無難かと思われます。

具体的に言うと、休止期に入っている髪の毛包を活性化させる成長期の髪の毛包も活性化して更に太くして大きくしてくれるといった具合です。

 

いずれにしても、こうやってミノキシジルとAGA治療薬の役割が違っているんだということがわかってくると、自ずとどちらを使ったら良いのかが段々見えてくると思いませんか?

そうです、最強のパワーで髪を生やしたいのであれば、どちらを使うという選択ではなくて、どちらも使うべきだという結論に辿りつくわけですね。

つまり、

 

① プロペシア(フィナステリド錠)か ザガーロ(デュタステリド錠)で薄毛原因のDHTを抑制してヘアサイクルを正常化させる。

② ミノキシジルで髪の毛包を活性化させて髪を生やしまくる。

 

という2段構えの取り組み方です^^

 

事実、僕はミノキシジルタブレットとデュタステリド錠を一緒に使ったら髪の毛が完璧に回復したんです。↓↓

 

ミノタブデュタ1 2

 

これは僕が1年くらい前に実験をしたときの結果ですが、ミノタブを単独で飲んでいたときよりも、AGA治療薬と一緒に飲んだ時の方が恐ろしいくらいのスピードで生えてきました(笑)

 

なので、よく初心者の方の中には、

 

 プロペシアだけだとM字ハゲは治りませんか?

 ザガーロだけならどうですか?

 逆に、ミノキシジルだけでは無理ですか?

 

というような質問をする人がいるんですが、大体の塩梅はこれでおわかりいただけたかと思います。

改めて簡単にまとめると、

 

 AGA治療薬のみでは、ヘアサイクルが正常化するだけなので現状維持か少し増える程度にしか回復しない。

 ミノキジルタブレットのみでは、ミノキシジル配合量によって差が出て、5mg以上だとだいぶ生えるけどAGA(男性型脱毛症)の原因であるDHTは存在したままだから完璧な回復までは難しい。

 AGA治療薬とミノタブを併用すると、DHTを抑えながら毛包を活性化できるので劇的な回復を期待できる。

 

相場としてはこんな感じになるわけですね^^

 

もちろん個人差があるので、人によってはどれか一つだけでもびっくりするくらい生えてくるケースがありますし、逆に両方取り組んで全然生えてこないケースも(たまにですが)あったりします。

ですが相対的に見ると、先ほど上げたパターンになることが多く、僕自身も正にそんな感じでした。

なので、是が非でも生やしたい人であればAGA治療薬とミノタブの合わせ技で挑み、予防的な取り組みをしたいという目的であれば、AGA治療薬だけの服用でもOKということになります^^

 

ミノタブと相性の良いAGA治療薬は先ほど紹介した病院でも処方してもらえますが、料金が高めに設定されている傾向があるのが残念なところです。

一ヶ月分の通常価格で大体6500円~1万円前後もするんですね。。

安心・安全を最優先したいならクリニックで処方してもらうのも良いですが、節約したい場合には同じ成分で製造された海外ジェネリック薬品を購入すると安く上がります。

なので、もし興味があれば、以前にプロペシアやザガーロと同じ成分の格安薬品についてまとめた記事がありますので、合わせて御覧ください。

 

 

「プロペシア(フィナステリド成分)とザガーロ(デュタステリド成分)は何が違うのか詳しく知りたいぜ」っていう段階であれば、以下の記事も参考にしてください。

 

 

ちなみに、僕は今までにフィンペシアデュプロストベルトリドといった海外ジェネリック薬品をミノタブと一緒に使ってきたんですが、どれを服用してもちゃんと髪の毛が生えてきました^^

 

ミノキシジルの先にある未来

 

ここまでで、ミノキシジルとAGA治療薬の取り組み方について基本的な方法がおわかりいただけたかと思います。

期待できる効果レベルについても、副作用も含め できるだけ現実に即した情報をお届けしたので、賢いあなたなら今の段階で淡い夢を見たりせずに落ち着いて育毛に専念できると確信しています。

 

さて、最後に僕が個人的にあなたに知っていただきたいことの一つは、ミノキシジルで髪がフサフサに生えてきた後の未来についてです。(※ 特に20~30代対象でミノタブ使用を前提にした話です。)

まだミノキシジルに手を出していない立場からすると、「そんなこと言われてもリアルに受け取れない…」状態なのかもしれませんが、とりあえず記憶の片隅にでもしまっておいていただき、「その時」が来たらまた考えてみてもらえればいいかな、と思っています。

 

これは育毛歴が20年以上が経過して40代を迎えた初老?になった立場だからこそ若い人に伝えておきたい内容なんですが…爆発的に生えるミノタブであってしても、やはり育毛に終わりはない」という現実は覚悟しておいてくださいっていうちょっとした警告です。。

振り返ってみると、ミノタブ服用を開始した30代なりたて当時の僕は、まだ20代の気持ちのままでいて何も恐れがないやんちゃな精神状態でした。

なので、体験記の方でも触れていますが、ミノタブで髪がわんさか生えてきてからはちょっとした勘違いで服用量を減らしてみたり、あまり健康にも気を使ってこなかったんですね。

結果、突如として髪がまた抜け始めて戸惑ったことがありました。

あなたにはこうした僕のアホ丸出しな経験から教訓を学んでもらい、髪がフサフサ生えた後でも決して気を抜かずに育毛活動に専念していってもらいたいと思っています。

というのは、先ほども触れましたが、そもそもAGA(男性型脱毛症)は一度発症すると死ぬまで完全には治らない魔の病気です。

プロペシアでDHTを食い止めてはいても、それは抑制しているだけであって完全に無くすことはできません。

なので、一度生えてきた髪を維持したいのであれば、その改善できた方法を永遠に続ける以外に方法はないということです。

 

面倒くさいから少しくらい休止してもいいだろう・他のアイテムはどうだろう…

 

どんな理由にせよ、もし髪を生やせたメニューに調整を加えてしまうと、必ず今の毛量に変化が起こると考えて下さい。しかも大半のケースでは薄毛が進行してしまう結果になるでしょう。

なので、繰り返しになりますが、髪の毛がたくさん生えて完璧に戻れた場合でも、決して油断せずに同じメニューをずっと続けるようにしてください。

こうすることが、自分の人生でハゲの悩みから解放されたままにしておく最善の方法です。

いずれミノタブよりも発毛効果がある製品が誕生したり、新たな技術が開発されて根本的な解決が見られるとは思いますが、それまでは「ミノタブ+AGA治療薬」の継続こそが最強の発毛方法であることに変わりはないことを肝に銘じておいてください。

 

もう一つお伝えしておきたいことは、いずれは効果を実感しづらくなる可能性もあるという現実です。

 

ミノタブは育毛目的の薬ではないのでそれに基づいた臨床データが存在しないことから、「薬の発毛効果作用が何年まで続くのか」といったことが客観的にわからない状態なんですが、僕自身はミノタブ服用を開始してから1,2年くらいは完璧な状態を保てたのに、3,4年経過してからは明らかな衰えを経験してきました。

これが、噂される薬の耐性・寛容性による原因なのか、はたまた老化に伴う限界なのか、季節による周期的な衣替え現象?なのか、栄養が足りなくてなってしまったのか?ストレス性だったのか…本当の原因は誰にもわからないんですが、いずれにしても、最強と呼ばれる育毛アイテムを使ったとしても、時には髪が薄くなることがあり得ることも前もって知っておいてください。

ちなみに、「ミノタブ+AGA治療薬」を真面目に年単位で継続服用したのに、明らかに髪の後退が進んでいると実感した場合には、以前に紹介した「プロペシア・ミノキシジルの耐性・寛容性対策を知ろう」記事に基づいた行動を取れば改善が見られるかもしれません。

ここに書いている解決方法は何の科学的証拠もありませんが、僕自身が足を使ってドクター達から直接学んだ内容で、実際にその通りにしたら髪が再びわんさか生えてきた実績があります。(※ 僕だけではない複数です。)

再び完璧に生えてから体調が気になることもあり断続的な服用に変えている関係で、ずっと服用し続けるとその後にどれくらい発毛の実感がずっと続くのかはよくわからないんですが、少なくとも断薬をしたり、サプリを加えたりすると明らかに髪が好転することがありますので、もし育毛対策で壁にぶつかった場合には試していただければと思います。

まあ、ミノタブやAGA治療薬による発毛を実感できなくなる層は圧倒的に少なめのようなので、あなたの身にも同じことが起きなければそれが1番イイんですが。。

 

結びに、ミノキシジル関連でよくいただく質問についてまとめておきましたので、そちらも合わせてご活用ください^^

 

ミノキシジルQ&A

糖尿病でもミノキシジルは使用してもいいですか?

リアップを販売している大正製薬は、以下に該当する場合には医者や薬剤師に相談するよう呼びかけています。

 

今までに薬や化粧品などによりアレルギー症状(例えば、発疹・発赤、かゆみ、かぶれ等)を起こしたことがある人。→ アレルギー症状を起こした時の状態を薬剤師にご相談ください。

 

高血圧、低血圧の人。→ 現在、治療を受けている場合は、治療を受けている医師に相談してください。

 

心臓又は腎臓に障害のある人。→ 現在、治療を受けている場合は、治療を受けている医師に相談してください。

 

むくみのある人。→むくみがひどい場合には、医師に相談してください。

 

家族、兄弟姉妹に壮年性脱毛症の人がいない人。→ 脱毛症の種類の判断が困難な場合は、薬剤師にご相談ください。

 

高齢者(65歳以上)。→ お客様の健康状態等を薬剤師にご相談ください。また、現在、通院中の疾患がある場合には、かかりつけの医師にご相談ください。

 

甲状腺機能障害(甲状腺機能低下症、甲状腺機能亢進症)の診断を受けている人。→ 甲状腺疾患による脱毛の可能性があるため、治療を受けている医師に相談してください。

 

糖尿病の人には特に注意が呼びかけられていないようです。

また、ミノキシジルタブレットの添付文書にも 「糖尿病の人は服用しないでください」とは記載されていません。

ただし、ほかの薬を服用中の方はその旨を医師・薬剤師に申告して相談するようにと勧められています。

糖尿病であれば、恐らくインスリンの分泌を良くするお薬などを服用しているケースがあるでしょうから、もしそうなら1番良いのは主治医の先生に相談してみることだと思います。

 

国内で製造されたミノキシジル発毛剤はどこの病院で購入できますか?皮膚科へ行けば処方してもらえますか?

 

ミノキシジル外用のリアップなら病院へ行かなくてもドラッグストアで購入できますが、「第1類医薬品」のカテゴリーに属するものですから、原則として使用上の安全性について薬剤師からの情報提供が義務づけられています。

しかし、本文でも紹介した通販ショップであればサイト内のアンケートに答えて問題ないと判断されれば人と会わずして購入できるので便利です。

価格も定価の値段より安めの製品がほとんどなのでお得かと思います。もう一度一覧表を載せておくので参考にしてください。

 

>通販で購入可能な国内品<

 製品名 ミノキシジル配合量 容量 定価(1本)
リアップリアップ  1%  60ML 5500円
リアップ2リアッププラス 1% 60ML  5239円
リアップジェットリアップジェット 1% 100ml  3800円
リアップジェンヌリアップシェンヌ 1% 60ML  5239円
リアップ5リアップX5プラス 5% 60ML  7048円
メディカルミノキメディカルミノキ5 5% 60ML  7800円

※ クリーム色は各項目での最優秀数値。
※ 情報は変動するので、最終確認はご自身でお願い致します。
※ 画像をクリックすると最安値の販売ページに移動できます。

 

ミノタブを1番安く買う方法を教えてください。

 

個人輸入代行ショップを利用してセット購入することです。

クリニックを通すと高めですし、交通費なども合わせると更に出費がかさんでしまいます。

通販ならもちろん一個だけでも安価なんですが、2個・3個とセットで買えば更にウンと安くなります。

消費期限も長いのでまとめて購入しても全然問題ありません。

ただ、これからミノタブデビューする方であれは、万が一、副作用が強かったりした時には中止しなければいけないので、最初のうちは一箱の購入にとどめておくのが無難かもしれませんね。

続けられると確信したならセット購入をお勧めします^^

 

>ミノタブ製品一覧<

 製品名 ミノキシジル配合量 容量 価格(1箱)
ミノタブ1TOファーマ社製  5MG  100錠 2957円
ミノタブ2TOファーマ社製 10MG 100錠 3251円
minotabuT.O.CHEMICALS社製 5MG 100錠 2269円
ミノタブ4T.O.CHEMICALS社製 10MG 100錠 3124円
ミノタブ5LLOYD社製 2.5MG 100錠 3400円
ミノタブ6LLOYD社製  5MG  100錠 3700円
ミノタブ7LIOYD社製  10MG   100錠 4000円
ミノタブ8SUN PHARMACEUTICAL社製  2.5MG 100錠 3997円
ミノタブ9SUN PHARMACEUTICAL社製  10MG 100錠 6051円

※ 海外製品ですので為替により料金が変動します。
※ 情報は変動するので、最終確認はご自身でお願い致します。
※ 画像クリックで最安値の販売ページに移動します。

 

ミノキシジルを使うと健康を損ねそうなので他に良い育毛剤はないですか?

 

僕がミノキシジルとAGA治療薬以外で毛を生やせたのはキャピキシル成分を配合した育毛剤でした。

このときに体験した内容とキャピキシル成分の詳細はレビュー記事がありますので、よかったら参考にしてみてください^^

 

THE SCALP(ザ・スカルプ)5.0Cの成分と効果を大検証!
僕はこれまでミノキシジルタブレットやフィナステリド・デュタステリド錠を中心にヘア対策をしてきました。でも使用9年目で副作用の蓄積がどうも気になってきたり、発毛...

 

カールはあなたの生え際対策を真剣に応援しています^^

 

>究極発毛セット<

 

【自毛植毛クリニック表】

クリニック名
ヨコ美
クリニック
湘南美容外科
クリニック
アイランドタワークリニック
アスク井上
クリニック
親和クリニック
クリニック名
ヨコ美
クリニック
ルネッサンスクリニック
アイランドタワークリニック
アスク井上クリニック
親和クリニック
HP
s_runessance
s_runessance
s_iland-1
s_askinoue
s_sinwa-1
方法
FUE法
FUT法
FUE法
FUT法
FUE法
FUE法
FUT法
FUE法
技術
nc140083
FUT
FUE
優秀
nc140083
長井ドクターのFUT優秀
nc138304
FUE安定
nc140083
FUE優秀
nc138304
音田医師のFUEは安定
場所
nc69693
横浜
nc140083
新宿 大阪 福岡 名古屋
nc140083
新宿 大阪 福岡 名古屋
nc69693
新宿
nc140083
新宿 大阪 福岡 名古屋
費用※1
nc140083
FUT
60万円
FUE
80万円
nc140083
88万8千円
nc69693
140万円
nc138304
116万5千円
nc69693
140万円
AGA薬
nc140083
処方あり
nc140083
処方あり
nc140083
処方あり
nc140083
処方あり
nc140083
処方あり
メリット
日本で一番植毛施術経験のあるカリスマ医師が在籍。
日本全国展開で利用しやすい。アルタスロボット選択可。
日本全国にあり利用しやすい。日本一のシェア率。
アイランドタワークリニックの元院長在籍。FUEの技術力が一番。
日本全国展開で利用しやすい。音田医師は密度の濃い植毛が得意。
デメリット
店舗が少ない。
担当ドクターにより施術の差が出る可能性。
料金が若干高め。FUE法しか選択できない。
店舗が少ない。
料金が若干高め。FUE法しか選択できない。
評価
screenshot screenshot screenshot screenshot screenshot
記事
%e3%83%ac%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc
%e3%83%ac%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc
%e3%83%ac%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc
%e3%83%ac%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc
%e3%83%ac%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc
HP
kousikisaito
kousikisaito
kousikisaito
kousikisaito
kousikisaito


※1:1000株(M字修正一回分)の料金

 

>植毛クリニックランキング<

 

育毛剤はもう嫌だ…という方はこちら



管理人カールが19年かけて辿り着いた

育毛剤に頼らなくても永久に髪が生える方法!!!