女性が薄毛になる原因と対策

最近では女性の方も脱毛で悩んでいる方が多くなっています。

女性が薄毛になる原因は何でしょうか?

女性の脱毛症にはどんな種類がありますか?

どんな対策法が勧められているのでしょうか?

今回は以上の問題を取り上げてみます(‘◇’)ゞ

 

 

はじめに:女性の薄毛は増加している

 

薄毛というと男性特有の問題というイメージが今だに根強いですが、脱毛に悩む女性は年々増加傾向にあります。

それに比例して女性が髪の悩みで皮膚科を受診する比率も増えてきています。

2009年の米国のデータによると、クリニックを訪れた男女比は7:3で、実に約3割は女性でした。

日本の某植毛クリニックでも、以前は植毛をする全体のうち女性が占める割合は2%に過ぎなかったのに、2010年頃には10%強にまで増えています。

ヘアで悩む女性が世界中で増加傾向にあるのは確かですから、今これをご覧になられているあなたが同じ問題で悩まれていても、何ら不思議ではないわけです。

 

女性が薄毛になる原因とメカニズム

 

女性の場合、男性のAGA(男性型脱毛症)とは違い、様々な要因がからんでいることが多いという見方が定説となっています。

 

例えば、身体全体の疾患(病気)から来る薄毛があります。

極度のダイエット重度の貧血でも髪が抜けることがありますし、甲状腺や卵巣など内分泌系の疾患がある場合にも髪は影響を受けます。

 

9

 

また、特定の薬を飲んでいると脱毛が起きる場合があります。

ピル(経口避妊薬)や精神疾患などに使われる向精神薬が薄毛を引き起こすことがあります。

乱れた食生活過度のストレスも積み重なると異常な抜け毛という形で症状が現れます。

頭皮のトラブル妊娠出産の際にも抜け毛が多くなる方がいらっしゃいます。

 

結局のところ、女性が薄毛になってしまうメカニズムは男性が脱毛するそれとは異なり、かなり複雑で特定しづらいという側面があるわけです。

 

女性の脱毛症の種類について

 

男性型脱毛症はよくAGAと呼ばれますが、海外では同義語としてMPHL(Male pattern Hair Loss)という言葉がよく使われます。

それに対し、女性型脱毛症はFPHLFemale(女性) pattern(パターン) hair(ヘア) loss(ロス) )と呼ばれ、「女性版のAGA(男性型脱毛症)」とそれに属さない「休止期脱毛症」という二つのグループに大別されます。

ではまず、FPHLに含まれる2グル―プのうちの一つ、女性版のAGA、つまりFAGAFemale(女性)AGA(男性型脱毛症))から取り上げてみましょう。(以下、「FAGA」と略します。)

 

FAGAは3種類あって、ルードウィッグ型、クリスマスツリー型、ハミルトン型に分類されます。

 

ルードウィッグ型

 

一番多いのがこのルードウィッグ型で3つのパターンがあります。

 

pakuri

 

以上の図のように、ルードウィッグ型は頭頂部を中心に薄毛が後頭部へ広がりを見せるのが特徴です。

 

 

ルードウィッグ

例)ルードウィッグ型クラスⅠの症状

 

クリスマスツリー型

 

FAGAの2種類目であるクリスマスツリー型は、前の方から頭頂部にかけてちょうどクリスマスツリーのように薄くなっている症状です。

 

kuri

 

 

ハミルトン型

 

3種類目のハミルトン型は男性のM字のような症状で生え際にそりこみが入った症状のケースです。

 

sori

 

以上が、3種類からなるFAGA(女性版AGA(男性型脱毛症))の症状です。

 

アメリカでは現在25歳~40歳の25%、40歳以上で50%がFAGAに当てはまるとされ、この傾向は20代後半から始まって50歳以上でピークを迎えます。

また、25%の家庭に同じ症状が見られることから、両親の遺伝が関係していることも十分に考えられるとされています。

 

以上が女性型脱毛症のFPHLに含まれる一つ目の種類、FAGAについてになりますが、次からはもう一つの種類、「休止期脱毛症」について取り上げます。

 

休止期脱毛症とは?

 

休止期脱毛とは、あることがきっかけで本来の毛周期(成長期・退行期・休止期のサイクル)が乱れてしまい、休止期の髪がたくさん増えて薄毛になってしまう症状のことです。

原因となるものとして確かなのは、栄養失調・薬剤・他の疾患からの連鎖反応です。

女性の場合、栄養障害は特に極度のダイエットなどでタンパク質や亜鉛、鉄分が不足したりするかもしれません。

薬剤としては、経口避妊薬、うつ病対策や睡眠薬などで使われる向精神薬、ビタミンAの過剰摂取も抜け毛の要因となります。

糖尿病、肝機能障害、高脂血症、甲状腺機能低下症、梅毒、癌、肺炎などの病気を患うと脱毛が増えることもあります。

その他にも分娩後にホルモンバランスが乱れたり、急性・過度のストレスがたたって引き起こされる可能性もあります。

 

休止期脱毛症の種類

  • 急性休止脱毛症:高熱や貧血、急で過剰なストレス、妊娠・出産時のホルモンバランスの乱れ等が原因
  • 慢性休止期脱毛:老化や薬の副作用等で長期にわたり異常な抜け毛が見られる
  • 慢性びまん性休止期脱毛:内臓疾患等が原因で全体的に徐々に脱毛が進行する

 

 

女性型脱毛症(FPML)の治療順序

 

どの種類の抜け毛症状でも、まず薬物治療で様子をみることが勧められています。

 

女性型脱毛症で唯一認可されているのがミノキシジル外用薬です。

日本ではミノキシジル1%配合のものが女性向けとして市販されていますが、アメリカのFDA(日本の厚生省に属する機関)は5%配合のものも女性用として認可しています。

ちなみに、発毛薬全般で女性用が男性用よりもミノキシジル配合量が少ない傾向にあるのは、身体全体のムダ毛が増えるという副作用があるためです。

こうした副作用を念頭に入れて受け入れられるのであれば、ミノキシジル1%以上のものを積極的に使用することもできます。

 

s_Screenshot (50)

画像クリックで女性版ミノキシジルについてのより詳しい解説が見れます^^

 

1年程度ミノキシジルを使って経過を見守り、薄毛が改善されているかを見定めることが第一段階です。

 

ミノキシジルが効かなかった場合は?

 

米国のFDAが女性の薄毛治療に効果があると認定している薬剤はミノキシジルだけですが、その他にも男性ホルモンを阻害して発毛を促す薬があります。

例えば、スピロノクラトン・フルタミド・酢酸シプロテン・フルリジル等です。

 

一例として、スピロノクラトンはもともと利尿剤で体内の余分な水分を排泄し、血圧を下げたり体のむくみを取ることができる薬ですが、その副作用の一つに多毛症があるので、そのメリットをねらって服用を検討できるというわけです。

それでも、こうした薬剤にもデメリットと言える副作用が幾つかありますので、利用にあたってはクリニックの先生と相談・継続的な診断のもとで行っていくのが賢明です。

 

薬全般では効果が見られない場合は?

 

FPHL(女性型脱毛症) では、まず薬物治療を行って経過を見るわけですが、一定期間テストしてみて良い結果が得られない場合は自毛植毛を検討することができます。

中でも先に考えたFAGA(女性の男性型脱毛症)に当てはまる方は、植毛が現実的な選択肢となります。

 

例えば、FAGAのハミルトン型の方が自毛植毛をすると以下のような結果を期待できます。

 

 

1

 

M字状態だった部分に…

 

 

2

約3ヶ月後には産毛・細い毛が生え始め…

 

 

3

 

約半年後にはM字がほぼ消滅…

 

 

 

4

1年後は全くM字がわからなくなります^^

 

 

 

5

前髪を下ろしても全く自然です^^

 

 

自毛植毛をするなら、(生えそろうまでに1年ほどかかりますが)薄毛問題を確実に克服できます。

後頭部の髪を再分配する移植治療で、一流の専門クリニックで施術するなら95%以上が生え揃います。

 

もちろん、一番良いのは自然と髪が戻ることですが、薬が効かなかったり、原因不明などで薄毛を解決できない場合、こういった自毛植毛の技術を検討することができます。

 

自毛植毛の詳しいプロセスや疑問の答えについては、当ブログの他の記事をご参考ください。(ブログ管理人カール自身が植毛経験者ですから、同じ問題を克服してきました(´▽`*))

また、自毛植毛専門クリニックに直接カウンセリングに行かれることもお勧めします。

 

ちなみに、植毛クリニックに行ってもすぐ植毛を勧められることはなく、原則として女性は薬剤からのスタートを提案されます。

 

6

 

以上の図のように、すべては薬剤からのスタートとなり、最終手段として植毛を考えることができるというスタンスです。

 

それでも状況はケースバイケースですから、具体的なことはAGA専門の医師の方と相談してから決めることができます。

 

恥ずかしさや後ろめたさという心理的葛藤は誰でもありますし、クリニック側はそのことを十分承知のうえで僕たちのプライバシーや尊厳に配慮した癒しの空間を提供してくれます。

僕もそうでしたが、実際に行って現実的な解決法を知るだけでもだいぶ気持ちが楽になるものです。

 

自分の実際の症状は何なのか?どうしたら治るのか?ということを突き止めるためには、専門医に診てもらうのが最善で、結果的に解決の早道となりますよ^^

カールもあなたの発毛対策を応援しています^^

 

>カールが使用中の究極発毛セット<

 

>大手自毛植毛クリニック比較表<

クリニック名
ヨコ美
クリニック
湘南美容外科
クリニック
アイランドタワークリニック
アスク井上
クリニック
親和クリニック
クリニック名
ヨコ美
クリニック
ルネッサンスクリニック
アイランドタワークリニック
アスク井上クリニック
親和クリニック
HP
s_runessance
s_runessance
s_iland-1
s_askinoue
s_sinwa-1
方法
FUE法
FUT法
FUE法
FUT法
FUE法
FUE法
FUT法
FUE法
技術
nc140083
FUT
FUE
優秀
nc140083
長井ドクターのFUT優秀
nc138304
FUE安定
nc140083
FUE優秀
nc138304
音田医師のFUEは安定
場所
nc69693
横浜
nc140083
新宿 大阪 福岡 名古屋
nc140083
新宿 大阪 福岡 名古屋
nc69693
新宿
nc140083
新宿 大阪 福岡 名古屋
費用※1
nc140083
FUT
60万円
FUE
80万円
nc140083
88万8千円
nc69693
140万円
nc138304
116万5千円
nc69693
140万円
AGA薬
nc140083
処方あり
nc140083
処方あり
nc140083
処方あり
nc140083
処方あり
nc140083
処方あり
メリット
日本で一番植毛施術経験のあるカリスマ医師が在籍。
日本全国展開で利用しやすい。アルタスロボット選択可。
日本全国にあり利用しやすい。日本一のシェア率。
アイランドタワークリニックの元院長在籍。FUEの技術力が一番。
日本全国展開で利用しやすい。音田医師は密度の濃い植毛が得意。
デメリット
店舗が少ない。
担当ドクターにより施術の差が出る可能性。
料金が若干高め。FUE法しか選択できない。
店舗が少ない。
料金が若干高め。FUE法しか選択できない。
評価
screenshot screenshot screenshot screenshot screenshot
記事
%e3%83%ac%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc
%e3%83%ac%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc
%e3%83%ac%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc
%e3%83%ac%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc
%e3%83%ac%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc
HP
kousikisaito
kousikisaito
kousikisaito
kousikisaito
kousikisaito


※1:1000株(M字修正一回分)の料金

 

管理人カールが19年かけて辿り着いた

薬や育毛剤に頼らなくても永久に髪が生える方法!!!

コメントを残す