自毛植毛【FUT】とは?猿でも理解できるくらいわかりやすく解説!

自毛植毛のスタンダードともいえるFUTという技術についてカール流に解説してみます。

というのも、僕が植毛した3回いずれもこの方法でしたので、FUTについては酸いも甘いも心得ていますから、そこら辺のヤブ医者よりかは全然通じています(笑)

FUTのことなら僕に何でも聞いてください^^

1368

FUTとは?

 

FUTとは、Follicular(毛包) Unit(単位) Transplantation(移植)の略称で、字義的には毛包単位植毛と知られる世界的に見て一番スタンダードな植毛技術のことです。

FUTの「F」に相当する毛包(以下の画像参照)は、一般に髪を産出する部分全体を指していて、僕らが肉眼で捉えることができるのは毛穴くらいですが、実際にはその下の脂腺や立毛筋などから成る1セットの単位で存在しています。

 

毛包

 

 

なので、この毛包(F)の単位(U)ごと移植(T)してしまう方法がFUTということになります。

 

FUTによる自毛植毛の大まかな流れ

 

まず、移植する髪を後頭部と側頭部から調達します。

後頭部と側頭部のヘアは、もともと男性ホルモンの影響を受けにくくハゲない性質を持った遺伝子が埋め込まれているので、薄毛の箇所に移植しても永久に生え続けるのがその理由です。(この点についての詳しい情報は コチラ をご覧ください)

 

ドナー箇所

 

そのために、採取する範囲を短く刈り込みます。

後頭部に麻酔をかけ、無感覚状態になったら、ドナーと呼ばれる毛根付の頭皮を切り取り採取します。

 

ドナーとり

 

 

採取されたばかりの頭皮ドナーは帯状になっていますので、移植しやすいようにそれを細かく分けていきます。

これを株分けと呼びますが、ただむやみにカットするのではなく、特殊な顕微鏡を使いながらFollicular(毛包) Unit(単位)ごとに分け整理していきます。

ちなみに、 FU=髪1本 ということではなく、通常の髪は1~4本の太い毛(日本人の場合、4本はほとんどないですが)と1~3本の産毛が1セット(1ユニット)で存在しているので、その状態に従って忠実に株分けをします。あくまでもその状態で植毛するのが自然な生え方になるからです。

 

FU

 

次に、移植箇所にあたる植え込む部分にスリットと呼ばれる一種の切込みのような穴を空け、そこに株分けし終わった移植毛を植え付けていきます。

 

111

 

ちなみに、スリット(切込み)の作業は向きと深さがとても大切で、浅すぎると定着する前に移植毛が取れてしまう恐れがありますし、深すぎても炎症を起こしたり、ピットスカーと呼ばれるミカンの皮の表面のようなブツブツした跡ができる可能性が出てくるので、熟練した技師(ドクター)が細心の注意を払って行なう必要があります。

植え込みの作業では生え際の部分が特に繊細な箇所にあたるので、手前は最も小さい1本毛を植え込み、次に2本毛、その奥に3本毛といった具合にしながらグラデーションテクニックを活用してナチュラルに仕上がるようにします。

 

植毛し終えた後の移植毛は5,6ミリくらい伸びてから、約一ヶ月後にほとんどすべてが一旦抜けて、2,3ヶ月後から通常の髪のように生え始め、その後はグングンと成長して基本的な成長サイクルを全うしていきます。

死ぬまで永遠に生え続ける髪ですから、発毛薬などでメンテナンスしなくても生涯ハゲ知らずでいられる夢のような人生を満喫できるようになってしまいます。

 

 

結果、FUTで自毛植毛を行えば、以下のような変化を誰でも期待できます。

 

123

 

 

FUTによる植毛手術の概要は以上です。

 

次に、FUT植毛の主なメリットとデメリットをご紹介しますね^^

 

FUTのメリット1:生え際がナチュラル

 

僕自身も生え際の自然さに惚れ込んでFUT植毛を採用した背景があります。

経験豊かな一流のクリニックを選べば、ほとんどの方が納得いく生え際を実現できます。

 

生え際

クリックで拡大

 

これくらいのレベルであれば、20代の方でも十分許容範囲な仕上がりでしょうし、歳を重ねれば重ねるほどもっと自然でちょうど良い密度にも感じられるようになります。(もちろん個人的に密度をもっと増したいなら写真のレベルより更に濃くすることも可能です^^)

ちなみに、もしヤブ医者にかかって万が一生え際のデザインに失敗したとしても、他の一流クリニックで修正することができますから、取り返しのつかないことになることもありませんので、その点は安心してください。

このように、カツラや髪にくくり付ける増毛法の生え際とは違い、FUTの植毛技術は本物の髪がナチュラルに生える確実な方法です。

 

FUTのメリット2:値段が安い

 

安いと言っても植毛手術は最低でも何十万円はするので、それ一つだけ見ると到底安いとは思えないかもしれません。

ですが、長期的な生涯費用で見るとカツラや増毛、フィナステリド錠などのAGA治療よりもリーズナブルで、事実上、自毛植毛はAGA治療の中で一番安い方法、つまり費用対効果(コスパ)が一番良い選択肢になります。

この点については、コチラ の記事で少し具体的に取り上げていますので参考にしてみてください。

 

また、植毛技術は何種類もあるんですが、今最も主流で信頼できる最新植毛技術はFUTとFUEという二つの種類くらいしか存在しません。

それで、この二つが比較されることが多いのですが、中でもFUTのメリットはと言えば、FUEよりも価格が安く済むことです。

生え際後退に悩みだしたM字さんの場合、1000本から2000本の移植になることがほとんどですが、FUEですと大体50万~140万円(クリニックにより異なる)で、FUTでは大体40万円~70万円(クリニックにより異なる)と比較的割安で行えます。

おおざっぱな数字で申し訳ありませんが、通常はFUTがFUEよりも合計料金が最低でも2,3割安いのが相場で、株数だけで言ったらFUTはFUEの約半額です。

ちなみに僕が行なった当時は1500本(約750株)で60万円(1回目、2回目)、40万円(3回目)といった内訳でした^^(現在の料金体系は若干変動あり)

 

FUTのデメリット1:後頭部に線の傷が残る

 

FUT植毛は、生え際がとても自然で安く済むという魅力的なメリットがある一方で、残念ながら見過ごせないデメリットもあります。

 

その代表的なものが後頭部にできる傷です。

 

なぜ傷ができてしまうかと言うと、移植毛を採取するために後頭部の頭皮(ドナー)を切り取るわけですが、その後に傷口を縫い合わせて抜糸を済ました後に、どうしても幅の狭い一筋の傷が残ってしまうのです。

 

o0550036613210180677

 

 

上の写真のような一本の線ができるのですが、後頭部にできるこの線は、本人の体質や手術直後から抜糸までの過ごし方などの影響により残る変わってきます。

ちなみに、僕はこのデメリットがあまり気にならなかったので、手術直後から普通に動きまわり、寝ているときもあまり大事に扱わなかったので、傷の幅が多少大きくなってしまいました(;´∀`)(※抜糸までの期間は通常一週間前後で、抜糸を必要としない自然に溶けるタイプの糸もあります。)

それでも、普段無理に髪をかき上げない限りは誰にも全くわからないので、問題は何もありません。(後頭部をかき上げる状況はまずないですからね^^)

でも、僕とは反対に、いかなる理由でも身体に傷を残すのは良心的に無理! という方もおられるでしょうから、そういう場合は、残念ながらFUTは向きません。

また、FUTをした後に髪が短いと、直視ですぐ傷が見えてしまい、外観的にもよく映りませんし、他人からも 「 あれっ、何コレ!? 」 って突っ込まれることにもなりかねませんので、丸坊主や短髪をしたい方にもFUTは向かない方法です。

 

ショックロス

 

ショックロスとは、植毛手術や麻酔などの影響を受けて既存の髪が一時的、或いは永久に抜けてしまう現象のことです。

この言葉だけを受け止めると、

 

えっ、既存の髪が抜けってったら植毛もくそもないやろ~Σ(゚Д゚)

 

ってなる方もおられるかもしれませんが、実情はそんなに深刻ではありません。

 

というのは、抜けるほとんどの髪は一時的なものだからです。

はっきりとした試験報告がないので医学的原因はわかっていませんが、スリットや移植する際の影響で周りの髪が機械的・人為的に毛切れを起こしたり、血行の変化、ショックによる既存毛の突然の休止期突入などによって、毛が一時的に脱落してしまうようです。

タイミングに関しては、手術直後から抜け毛が多くなる場合もありますし、3,4ヶ月後から脱毛が多くなるケースもあり、ショックロスが起きる一貫した“決まり事”がないため、あらかじめこの問題が自分にどれくらいの被害をもたらすかを予測をすることは事実上不可能です。

あくまでも個人個人の状況で異なっていて、ケースバイケースということになります。

なので、いくら心配だからといっても、この問題を植毛医に相談するのはナンセンスかもしれません。

 

とは言え、自毛植毛をしても既存毛の毛根が損傷していなければ、数か月もするとショックロスで抜けた髪も必ず再び生えてきます。

ですから、ショックロスで多少髪が少なくなったと実感しても、数か月後には必ず元に戻りますし、その頃には移植毛も同時に芽を出しますので、少しの期間だけ辛抱すれば自然と解決する問題です。

まれに、元々あった細い髪がショックロスで抜け、それ以降生えて来なかった という感想をもらす方がいますが、それは自毛植毛をしなかったとしても、早いうちになくなる運命のあった弱いヘアに過ぎない可能性が高いです。

それに、よく効く発毛薬 などを併用するなら、ショックロスというデメリットはすばやく解決することができますので、多角的に見ても、それほど心配するほどの問題ではないことがわかります。

ちなみに、僕は3回植毛をして、一度もショックロスを経験したことがないラッキーボーイです^^ ← ボーイって言える年齢でもないですが(;´∀`)

 

FUTに特化した主なデメリットは後頭部の傷ショックロスが主な問題で他にはありません。
自毛植毛という大きなカテゴリーで捉えるなら、稀(まれ)に起こりうるデメリット・副作用はまだ幾つか存在しますので、その点についてはまた改めて別の記事で取り上げたいと思います^^

 

FUT植毛で一番安全で信頼できるお勧めのクリニックはココ

 

FUT施術を手掛けるクリニックで僕が一押しするのはヨコ美クリニックです。

 

ヨコ美クリニックはカールが3回目に植毛した場所です。

最初のクリニックに不満足だったわけではなく、実は値段が安いところが気にいって興味を持ちはじめました。

…そう、それがヨコ美のイイところの一つなんですね。

 

このクリニックの医院長の今川先生は、実は植毛経験が超長く、日本の植毛界のカリスマと言っても過言ではなく、植毛技術がまだ未発達で正直使い物にならなかった時代からずっとパイオニア(開拓者)として従事してこられました。

実に1985年からこのクリニックを切り盛りしてきたので、植毛で彼の知らないことはないと言ってもいいくらいです。世界的にも顔が広く、欧州行ったり中国行ったり…海外の権威ある植毛医師たちとの交友も密接なので、植毛に関する情報力が半端ないわけです。

その器量のおかげで、植毛の値段も 「 世界基準 」 という角度で意図的に設定され、結果、周りのクリニックに比べると目を見張るほどの割安だったりするのです。

なので、冒頭のほうでもお伝えした通りなんですが、僕は最初のクリニックでは当時60万円だった同じ植毛内容(一回目、二回目)がヨコ美では40万円ほど(三回目)で受けられたんです。

 

ということで、当時のカールと同じく、 何はともあれ安さが大事 って方はこのクリニックしかありません。

とにかく安いです。最安。

 

しかも、安いからといって仕上がりが他のクリニックに劣るかと言ったらそうとも限りません。

僕はヨコ美での3回目の時は、一番手前の生え際部分ではなくて、移植毛の生え際部分と既存毛のに植毛をしたので、生え際の仕上がり具合を証明する写真は持っていません。

…が、それよりも凄い証拠が存在するので、ぜひ見に行ってみてください。

 

それは、今川先生の頭です。

 

yokobi

 

彼自身もFUTで植毛をしている体験者の一人なので、ヨコ美クリニックの無料カウンセリングに行くと必ず彼に会うことができます。今川先生は、「植毛は立派な外科手術なので、最初のカウンセリングから最後の手術まで担当医師が絶対面倒をみなくてはいけない」という理念のもと、必ず僕らと直接面談してくれます。

なので、僕も当時カウンセリングに行ったときは、今川先生の優しさに甘え、彼を座らせ、「失礼しま~す(;´∀`)」とか言いながら彼の頭を散々いじくり倒して、なめ尽すように観察してきました(笑)← これホント!!

生え際も超ナチュラルながら、30秒くらい探しても後頭部の傷の痕跡を全く見つけられなかったのには本当にびっくり。思わず、他人のドナーから移植毛を調達してきたんじゃないの!? って疑いたくなるほどでしたから。。。

結果、安さで惹かれて興味を持ち始めたものが、最終的には彼の頭にノックダウンさせられ、僕はそこでの植毛を決めたという経緯があるくらいです。

 

クリニック自体の環境は少し庶民的な感じでフツーなところですが(対応も割とさっぱりでサバサバ^^)、安さとFUTの技術は確かですから、そこを優先順位に置くならヨコ美クリニックは心からお勧めです^^

 

まとめ

 

FUTは世界的にもスタンダードな自毛植毛で、現在植毛手術の7割はこの方法で行われています。

でも、クリニック選びを間違えて、経験の浅い信頼できないところで行うと失敗してしまう可能性も今だに存在します。

ですから、もし自分もFUTで植毛したいと思われるなら、ヨコ美クリニックなど、昔からFUT専門で行ってきたクリニックで必ず行うようにしましょう。

 

FUT植毛は1995年頃から始まり、その実用性から瞬く間に世界に浸透し、これまでの20年間でカールを含め何百万人という人が経験・証明してきた信頼できるAGA治療の一つです。

入院の必要もなく、一回の手術で薄毛を克服できる、夢のような本当に素晴らしい技術だと僕も思います。

これを読んでいるあなたにも、この感動を味わっていただきたいと心から願っています。

 

www

IMG_1362

 

もしこの記事を読んでFUTについてまだよくわからないことがあったら、いつでもカールに聞いてくださいね。

どんな些細なことでもいいので…

お便り待ってます^^

 

>もう一つの植毛法FUEについてはこちら<

 

>大手自毛植毛クリニック比較表<

クリニック名
ヨコ美
クリニック
湘南美容外科
クリニック
アイランドタワークリニック
アスク井上
クリニック
親和クリニック
クリニック名
ヨコ美
クリニック
ルネッサンスクリニック
アイランドタワークリニック
アスク井上クリニック
親和クリニック
HP
s_runessance
s_runessance
s_iland-1
s_askinoue
s_sinwa-1
方法
FUE法
FUT法
FUE法
FUT法
FUE法
FUE法
FUT法
FUE法
技術
nc140083
FUT
FUE
優秀
nc140083
長井ドクターのFUT優秀
nc138304
FUE安定
nc140083
FUE優秀
nc138304
音田医師のFUEは安定
場所
nc69693
横浜
nc140083
新宿 大阪 福岡 名古屋
nc140083
新宿 大阪 福岡 名古屋
nc69693
新宿
nc140083
新宿 大阪 福岡 名古屋
費用※1
nc140083
FUT
60万円
FUE
80万円
nc140083
88万8千円
nc69693
140万円
nc138304
116万5千円
nc69693
140万円
AGA薬
nc140083
処方あり
nc140083
処方あり
nc140083
処方あり
nc140083
処方あり
nc140083
処方あり
メリット
日本で一番植毛施術経験のあるカリスマ医師が在籍。
日本全国展開で利用しやすい。アルタスロボット選択可。
日本全国にあり利用しやすい。日本一のシェア率。
アイランドタワークリニックの元院長在籍。FUEの技術力が一番。
日本全国展開で利用しやすい。音田医師は密度の濃い植毛が得意。
デメリット
店舗が少ない。
担当ドクターにより施術の差が出る可能性。
料金が若干高め。FUE法しか選択できない。
店舗が少ない。
料金が若干高め。FUE法しか選択できない。
評価
screenshot screenshot screenshot screenshot screenshot
記事
%e3%83%ac%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc
%e3%83%ac%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc
%e3%83%ac%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc
%e3%83%ac%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc
%e3%83%ac%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc
HP
kousikisaito
kousikisaito
kousikisaito
kousikisaito
kousikisaito


※1:1000株(M字修正一回分)の料金

 

>自毛植毛クリニックランキング<

 

管理人カールが19年かけて辿り着いた

薬や育毛剤に頼らなくても永久に髪が生える方法!!!

コメントを残す