フィンペシア+ミノキシジルタブレットを8年間服用した感想と結果

フィンペシア+ミノタブを8年に渡って服用してきたカールの体験レビュー。
ここまで長く使ってるといろいろ浮き沈みを経験してくるものです。

これからミノタブ+フィンペシアを試してみようかどうか悩んでる方に捧げますので参考にしてみてください^^

 

thumb.png

 

ミノキシジルタブレット服用前

 

それまで自毛植毛を3回経験してきたおかげで、僕は一定期間完全に髪の毛の悩みから解放されていた時期がありました。

それが大体2007年夏くらいまでのこと。

wwwPCならクリックで拡大可^^

 

でも植毛後何もヘアケアをせず自然のままに過ごして浮かれてたら、薄毛が予想していた以上に進行しちゃったんです。

というのは、M字の部分に植毛していた髪は当初、既存の髪にいわば混じった状態だったので、ある程度全体の見たくれも良かったんですが、

生え際が後退してくると、前頭部には植毛した太い髪だけが残るので(おでこを挙げて鏡でじっくり見るとわかる範囲ですけど)、少し違和感を感じ始めたんです。

これはかなりヤバい ((((゚Д゚;))))!!!

 

久しぶりに髪に悩まされるあの嫌な緊張感と不安感が僕を襲いました。

気づいたら無意識に発毛・育毛情報を片っ端からむさぼるようにかき集める自分がいて…

 

結果、フィンペシアとミノキシジルタブレットの存在にたどり着き、それらを同時併用するようになります。

2007年秋頃のことです。

 

s_Screenshot (41)

これが発毛の神薬↑ミノタブ・フィンペシア↑。クリックで最安ショップへ^^

 

ミノタブ+フィンペシア使用開始から2年目まで:怒涛の逆襲劇がいざ始まる

 

すると、どうでしょう。

飲み始めてから1週間も経たない頃から、逆にシャンプーの抜け毛が一気にに急上昇➚➚➚(((゚Д゚;)))

あの頃はマメに毎日排水溝にたまる髪を数えていたので今でも覚えてるんですが、大体200本から多いときには400本ほど抜けてました。( 400本オーバーは3日間くらい )

 

thumb.png

 

しかも弱くて細い髪だけじゃなく、健康な普通の髪も一緒に異常なほどたくさん抜けてったんです。

 

これが俗にいう 初期脱毛 ってやつですね。。

 

実はミノタブ+フィンペシアを飲む前に、初期脱毛があるかもしれないっていう可能性について勉強してたんですが、始める前から「どうせ同じハゲるという運命をたどるなら、この可能性(フィンペシアとミノタブ)にかけてハゲたって結局は同じこと。とりあえず何があっても3か月は続けよう!」と自分に言い聞かせてたので、実際これほど多くの抜け毛を前にしても冷静でいられました。

ちょうど同じ頃 「 初期脱毛に悩まされ怖いから服用を残念ながら中止しました(*_*) 」 っていうネットの書き込みを見ては 「 俺は違う。 絶対にこの試練を乗り越えて結果を出してやる!」 と息巻いて強がってました(笑) ☚ ホントかなり強気でした…(;´∀`)

でも正直なところを言えば、2週間も毎日200本以上の髪がなくなっていくのを目の当たりにすると相当気が落ち込むもんです。

「 やめたほうがいいのかなぁ… もしかしたら逆方向に向かってるんじゃないのか…」 なんていう考えも何度かよぎりました。

でも希望のほうが強かったので結局ずっと飲み続けたんですね。

そしたら、3週間ぐらい経った頃でしょうか。

 

それまでの勢いが嘘のように抜け毛がある日  💥 ピタッ 💥 と止まった んです。

 

連日200本以上あった抜け毛が突如として 10本以下 に。

 

 キターッ!!! ついに来た!!!!

 この日が!!!!( ´∀`) 

 

祭りだ~!!! 祭りだ~!!!!!(≧▽≦)

 

あの新鮮な驚き、安堵を感じたのは生まれて初めてでした。

 

これまでの不利な状況から一変、その日から抜け毛が全くない日がスタートします。

 

3か月目くらいに突入すると前頭部の生え際はミシミシと産毛が生えだして以前のような状態に回復していくじゃありませんか。

 

それからというもの、ハッピーな気持ちも加速度を増してマッハギアに!

毎日、鏡をおでこにあてがっては髪の状態を確認し、自然の摂理とは逆の現象を目の当たりにしてとても不思議な気分になったもんです。

 

 まるで若返りの薬を飲んでるみたいだぁ

 (*‘∀‘) イヒヒッ  そんな錯覚さえ覚えましたね、ホント

 

そういえば実際、その頃通っていたあるスクールのおばちゃん先生に 「 毎週会うたびになんか若くなってるわねぇ ( ゚Д゚) 」 なんて言われました。

もちろんあえて教えませんでしたが、内心では自分でもその理由が何なのかはよく自覚してました^^

 

そんなこんなで1年もしないうちに髪全体の腰が戻り、植毛仕立て当時の完璧な状態に戻ってしまったんです。

 

もともとあった前髪部分の生え際が完全復活して、移植毛と再び仲良く混じり始めてくれたわけです。

2007年当時、フィンペとミノタブの存在を知る前までは自毛植毛以外に生え際の解決策なんてないんだろうなって半ばあきらめてたんで、本当に救われましたね。

もし20代前半からミノタブ・フィンペを飲むチャンスがあったら恐らく自分の未来はだいぶ変わってたかもしれないなぁ…なんてことも思ったりしました。

 

ミノキシジルの光と影

ミノキシジルとフィンペシアのおかげで髪がたくさん生えてきたわけですが、実はこの時期には初期脱毛だけでなくいろいろな副作用も経験しました。まず服用開始の3日後くらいからはめまいが始まりクラクラ状態に。その後は腕やお尻にも毛が生えてくる多毛症や下半身の元気がなくなる性機能不全心臓の痛みも時に感じました。医薬品は効果が絶大なだけにこうしたリスクがあることを身をもって知ったわけですが、圧倒的な発毛力の前に止めることができなかったというのが正直な所です。だいぶ身体にもムチ打ちました。

 

2~7年目:無精な性格 !?が災いを再び招く

 

こうして髪の毛が完全復活を果たしてからというもの、明るい性格も戻って綺麗な女の子ともお付き合いを楽しんだりして順風満帆な生活が続きました。

が、僕には自覚心がどうも欠けていたようで、いつの間にか自分が享受してるこうした特別な状態が何によって支えられてるかを徐々に徐々に意識しなくなっていきます。

始めはフィンペシア+ミノタブを毎日服用していたものが、少しづつ間隔が空き始め、しまいには2週間に1回くらいになり、テキトーさが半端なくエスカレートしていきました。

髪の毛があることが、さも当たり前のような気持ちになって

 

飲まなくたって平気っしょ ((( `ー´)ノ   なんていう錯覚状態に。

 

thumb.png

 

結果、鏡の前でおでこを挙げてチェックすることもしなくなり、ヘアケアをまたしばらく放置してしまいます。

そうすると案の定、ある日を境に抜け毛がドドドッと増えて、またスカスカ状態の危機に舞い戻ってしまったんですね。 ☜ 本当勉強しないやつですよね  (´・ω・`)

慌ててフィンペ+ミノタブを毎日飲み始めたんですが、悲しいことに今度は後退した髪が以前のような勢いで戻ってはきませんでした。

 

おかしいなぁ (;・∀・)… 効かなくなっちゃったのかなぁ ((((*_*)))))…

 

不安がよぎりました。

いつの間にか薬が効かない耐性体質になっちゃったんでしょうか?

断定できませんけど、明らかに1発目ほどの強烈な逆転劇は味わえず、むしろ現状維持か、あるいはちょっとづつ再び後退している感じさえしました。

 

2014年に転機を再び迎える

 

2009年~2014年7月までのミノタブ+フィンペシア効果は、それまで僕にもたらしてくれた感動とは裏腹にたとえ真面目に服用をしている期間であってもそれほどの回復をもたらしてはくれませんでした。

飲むか飲まないかで言ったら、飲んだほうがとりあえずはマシ という感じでしょうか。

でも、なんだかんだ言ってミノタブ・フィンペシアのおかげで何年もの期間にわたり自毛植毛にもう一度頼らなくていい生活を送らせてもらったわけですから、本当に満足してますし感謝してます。

 

さて、2014年の7月の半ばごろから約3週間くらい、突然僕の生活環境が一変します。

詳しい状況はちょっとグロいんで話せないんですが、とある外国にいた夏の超暑い時期の1週間、僕はシャワーに入れずにいて、フィンペシアとミノタブも3週間くらい何も口に入れられない状況でした。そんなことはフィンペシアを服用開始してから初めての経験です。

 

そうすると…

 

衝撃的にも程(ホド)があると思うんですが、久しぶりにシャワーを浴びれたその日の抜け毛は

な、なんと 1500本 を超えました (=_=)

数えるのが大変でしたけど、どうしても現実を見届けたくてゆっくり数えながら頭を洗い流してたら確かに1500本を超えてしまってたんですね。(1500本=自毛植毛のM字修正手術1回分に相当…)

面白いことに、1500本も越えてくると人って悲しみを通り越して呆れ返るようになっちゃうみたいです。

 

ここまで抜けるかっ フツー (゚Д゚;) … ハハハッ (;´∀`) 

って・・・

 

シャワーを浴び終え髪の毛を乾かしていつもと同じようにセットして鏡を見てみると、もう完全にスカッている頭がそこにありました。

坊ちゃんカットで前髪を全部下ろした状態でも地肌が見え隠れするほど髪の毛が一気になくなっちゃいました。まぎれもなく僕の毛髪人生で一番のハゲになった瞬間でした。

前頭部のナチュラルな生え際と移植毛との間にハッキリとした隔たりができてしまったんです。

 

s_IMG_0669

 

誰も予想が突かない突発的な環境異変がもたらしたとは言え、さすがにここまで一気に悪化するとめちゃくちゃ僕も焦りました。

それで原点に立ち返って気合を入れ直し、それまで一度も使ったことのない髪に良いとされるサプリメント一式もそろえ、フィンペシア+ミノタブと一緒に毎日3ヶ月間真面目に飲み続けたんです。

真面目に取り組んでいるっていう自覚があったので、「 結果は絶対ついてくる 」っていう自信も今回はちょっとありました。

そうすると、信じる者は救われるとはよく言ったもので、2ヶ月目後半くらいから生え際と移植毛の隔たりが産毛で溢れ始め、8ヶ月もかからず以前と同じくらいの状態に回復できちゃったんです。

 

 

s_zsdfgsegsfasdf

再び完璧に戻ってしまった(;´∀`)…

 

…確かに自信はあったんですけど、いざここまで再び順調に髪が戻ってくると、少し違和感もありました。

一度は効果が薄れてる時期があったのに、改めて服用したら今回はギンギンに効いてるわけです。

3週間ほど何の薬も体内に入れなかったことが、ミノタブ・フィンペに対する耐性をリセットさせたのかもしれないし、今回サプリメントを導入したのが功を奏したのかもしれません。

個人的にはサプリを飲みだしてからは頭痛や下半身の調子が悪くなるといった副作用が明らかに軽減したので、サプリ導入による改善成功の可能性が高いと感じています。

いろいろ可能性はあるけれど、断定できないので、もどかしい部分は残るんですが、僕が思うには時期に応じてこうやってちょっと変化を加えていくのが効果を持続させていく一つの秘訣なんじゃないかなぁっとも思ってます。

きっと人それぞれ効き方があって、それぞれの秘訣があるんでしょうね^^

 

2015年以降のミノタブ+フィンペシア効果は…

 

おかげさまで、2015年後半に突入した今でもミノタブ+フィンペシアは僕の頭に効いています。

でも気は緩められないので、これからも生え際対策に真面目に取り組んでいきたいと思います。

 

 

IMG_1379

現在の生え際状態

 

ミノタブ君、フィンペ君、いろいろあったけどこれからもよろしく頼みまっせ^^

 

2016年追記:

最近の僕はフィンペシア・ミノキシジルを中止して2011年に開発されたばかりのキャピキシル育毛剤に切り替えています。

キャピキシル成分は副作用が全くないにも関わらず、フィンペシアに含まれるフィナステリド成分よりも強力にDHT(男性ホルモン)を抑制して抜け毛を防止、同時にミノキシジル3倍の威力で毛母細胞を活性化させる次世代育毛剤です。

 

s_zsdfgsegzcewq

 

ザ・スカルプ5.0C(キャピキシル成分)育毛剤を使用して3ヶ月で移植毛と既存毛の間が黒々としてきました。

M字にかなり効いているのでミノタブはしばらくお休みしてキャピキシル育毛剤の効果を観察してみたいと思っています。

 

ミノキシジルで被害を受けた更に詳しい副作用についてやキャピキシルに変更した経緯についてはこちらの体験談をご覧ください^^

 

 

>カールが使用中の究極発毛セット<

 

    管理人カールが19年かけて辿り着いた

    薬や育毛剤に頼らなくても永久に髪が生える方法!!!

    コメントを残す