コラーゲンペプチドは副作用なしで薄毛改善効果が見込める成分!?

コラーゲンと言えば美容に興味がある方なら誰しもが一度は耳にしたことがあると思いますが、よく顔のパックや化粧水などにもその成分が使用されていますよね。

でも「美容に良い!」というあいまいな概念だけで、コラーゲン本来の効果を詳しく知っている方は少ないかもしれません^^

s_1 (28)

コラーゲンとは?

 

コラーゲンとはもともとタンパク質の一種で僕たちの体の3分の1はこのたんぱく質で形成されています。

骨や内臓、髪の毛など様々な組織に含まれているんですが、その中で最も多くコラーゲンを多く含んでいるのが皮膚になります。

私たちの頭皮も皮膚でできていますが、頭皮は「真皮」「表皮」「皮下」の3種類の皮膚からなっています。

特に育毛に置いて重視されているのが真皮と呼ばれる細胞です。

 

真皮は皮膚全体の95%を占める重要な細胞で、コラーゲンやヒアルロン酸などで潤いを肌に与える働きをしています。

こうしたコラーゲンがたっぷりと含まれることで丈夫な毛もたくさん生えてこれるわけです。

実際に毛髪科学研究会が2008年に発表した研究で20~50歳までの女性に5000mgのコラーゲンペプチドを8週間摂取し続けてもらった結果、髪の毛が以前にもまして増えた、あるいは丈夫になったという報告が出ています。

その他のいくつもの研究機関でもコラーゲンペプチドが薄毛改善に何らかの効果があったことを実証しています。

 

現実の世界では加齢や生活習慣の乱れによって、水分を保つ役割の成分が不足していき、頭皮の乾燥を引き起こして新陳代謝の悪い皮膚へと変化していくことが観察されています。

そうした理由で薄毛を回避するためにもコラーゲンをずっと摂取することが大切なのですが、コラーゲンにはあるマイナス点があります。

それはコラーゲン単体では体内に吸収されにくいということです。

そこでコラーゲンの成分を効率的に摂取する方法として今話題になっているのが「コラーゲンペプチド」というわけなんです。

 

コラーゲンペプチドとは?

 

コラーゲンペプチドとはコラーゲンが体内に吸収されやすい状態へ超低分子化した成分のことで、時々「低分子コラーゲン」と言われる場合もありますが、意味は同じです。

 

s_2 (19)

 

主に頭皮全体の血流を良くして栄養を行き渡らせ、ヘアサイクルの機能を保つ毛乳頭細胞の活動を活発化させる効果がありますので、育毛にはとても重要な成分となります。

 

コラーゲンペプチドの1日の摂取目安量は5000~1000mgと言われていますが、比較的多く含まれるフカヒレや鶏がらスープなどでさえ、25~31mgほどの量しか摂取できません。

なので、効率的に摂るにはコラーゲンドリンクやサプリメントで摂ることが勧められています。

 

コラーゲンの副作用?について注意点

 

一見、良い成分としか映らなそうなコラーゲンですが、たまにその原材料となるモノによってはアレルギー反応が出る方がいますので、その場合には別の種類のモノを試したり、摂取を控えた方が良いかもしれません。

またタンパク質の量を制限されている腎臓疾患の方は量を調節する必要性があります。

 

あと、安価なサプリメントは安さを求めすぎるあまりに、加工をする段階で手を抜いてしまいタンパク質が変質してアレルギーを引き起こす原因を作リ出すことが指摘されています。

 

その点、gungunの育毛サプリメント等であれば高品質かつ副作用の出ない量で配合されていますので、基本的に副作用を気にすることなく使用できます。

安全なコラーゲンペプチド成分の効果を狙ってgungunサプリを利用していくなら、薄毛改善や美肌サポートの役に立つというわけです^^

 

>ぐんぐんサプリ3ヶ月体験レビュー<

 

>カールの究極発毛セット<

 

管理人カールが19年かけて辿り着いた

薬や育毛剤に頼らなくても永久に髪が生える方法!!!

コメントを残す