α-リポ酸は薄毛改善の土台となる育毛成分!抗酸化効果作用がスゴッ!

α-リポ酸の重要性を知るには、まずは薄毛の原因の一つである頭皮環境の悪化について知る必要があります。

s_1 (24)

 

α-リポ酸が育毛に必要となるプロセスについて

 

普段の生活でストレスを受けやすい状況にさらされると活性酸素という物質が体内に発生します。

 

活性酸素と言えば美容に大敵であるイメージが強いですが、実は僕たちの健康維持に欠かせないもので、体内に侵入した菌を殺菌したり、体を健康に保つ役割を果たしてくれています。

呼吸をして取り入れた酸素のうち約2%が活性酸素となるんですが、厄介なことに活性酸素を取り込みすぎると、その強すぎる殺菌力が却って肌の老化を招いたり、体内の細胞を衰えさせてしまうことがわかっています。

そうなるとあまり余った活性酸素の影響で毛母細胞の活動が低下し、頭皮はじわりじわりと弱々しくなっていきます。

結果、いくら薄毛治療をしたとしても、すぐに抜けてしまうような弱い髪の毛しか生えて来なくなる可能性があるわけです。

 

なので…

 

この活性酸素を取り除いて頭皮環境を良くすれば、太く丈夫な髪をつくる土台作りをすることができるということなんです。

 

そこで重要になってくるのがgungunサプリに配合されている育毛成分の1つ「α-リポ酸」です^^

 

ぐんぐんサプリ配合の【α-リポ酸】効果作用と副作用は?

 

抗酸化作用を持つ成分と言えばビタミンCやビタミンEを思い起こす方が多いかもしれませんが、実はα-リポ酸にはそれらよりも400倍の抗酸化作用があると言われています。

α-リポ酸は体に悪影響を及ぼす活性酸素を除去してくれる働きがあるので、体の老化を防いで健康な体を維持したり、活性酸素によって詰まった頭皮の皮脂も取り除いてくれます

 

でも、僕達にとって必要不可欠な成分となるこのα-リポ酸は、実は20代をピークにどんどんとその数が減っていきます。

体内でもほとんど生成できないものなので、全体数は自然と不足していきますし、何もしないでいると肌の状態や頭皮環境は確実に悪くなっていってしまいます。

α-リポ酸を食事から摂取することはできますが、α-リポ酸を含むほうれん草やレバーでさえごくわずかな量しか摂ることができないのが実情です。

 

そこで効率的に体内へ取り込むために、α-リポ酸が配合されたサプリメントや健康食品を利用することになるわけですが、ただ、規定量以外を体に取り込むと副作用がでる場合があるので要注意です。

 

α-リポ酸は1日の摂取目安量がおよそ100~300㎎と言われていますが、もし過剰摂取をした場合、空腹時に皮膚の発疹や、手足の震え、舌のしびれが発生する恐れがあります。

それでも、ぐんぐんサプリに使用されるα-リポ酸の含有量なら副作用の心配もなく安全に飲むことが可能です。

具体的な量は模倣品を防ぐ目的で公開されていませんが、副作用は出ない範囲内で育毛させるのに必要となる十分な量が配合されているからです。

そういう理由で、頭皮環境を改善して薄毛を治療したい場合、gungunサプリのアドバンテージはかなり高いと言えるわけですね^^

 

>ぐんぐんサプリ3ヶ月体験レビュー<

 

>カールの究極発毛セット<

 

管理人カールが19年かけて辿り着いた

薬や育毛剤に頼らなくても永久に髪が生える方法!!!

コメントを残す