THE SCALP 5.0Cが受賞したモンドセレクション金賞の意義とは?

「THE SCALP 5.0C」と「くら寿司」(回転ずしのチェーン店)。

かたや育毛剤・かたやお寿司屋さんですが両者には共通点が。

それはズバリ、モンドセレクション金賞を受賞していることです。

昨今、日本ではある有名なビールやお菓子がこの賞を獲ることによって爆発的に売上げを伸ばしました。

モンドセレクションとは何か?

育毛剤としてモンドセレクション金賞を獲ったTHE SCALP5.0Cをどう評価すればいいのか?

その辺を少し緩めに書いてみたいと思います。

 

s_mondo

 

今年に入り販売ページによっては見かけなくなりましたが、去年僕が「THE SCALP 5.0C」を検討していた時期は上の写真の如くモンドセレクション金賞受賞の宣伝が目立っていました。

でも正直、

 

なんかスゴそうではあるが…よくわからんなぁ( ゚д゚ )

 

というのが一発目の感想でした。。

 

モンドセレクションとは?

 

調べてみたら、モンドセレクションとは1961年にヨーロッパの首都ブルッセルに設立された製品品質を精査・表彰する国際機関でした。

 

扱う対象物としては飲料水・食品・健康製品・化粧品等…多岐に及びます。

審査員グループは、ミシュランシェフ、フランス料理アカデミーのメンバー、醸造技術者、大学講師、栄養並びヘルスコンサルタント、化学技術者、著名ワイン専門家やソムリエといった70名以上の専門家によって構成されています。

 

s_men

>>メンバーの一部<<

 

審査基準は公式HPに書かれているとおり扱う物によって異なります。

 

例えば、化粧用品なら中身の成分・栄養分析表の正確さ・仕様書やパッケージで謳われる有効成分の信頼性などの要素が検討され、化学的根拠に基づいた適切な情報が開示されているか等も評価するとあります。

 

絶対評価なので評価基準を満たした優良製品であれば(数に制限なく)、必ず受賞できるのが特徴です。

 

モンドセレクション賞はもはや価値がない?

 

ネットで「モンドセレクション」と検索をかけ上位順から調べていくと、けっこうクールな意見が目につきました。

 

 お金を払えば穫れる賞だから意味がない
 企業側は賞を穫れば売上げが伸びるからアピールしたいだけ

 

大きく分けるとこの2つの主張が目立ってる様子。

 

でも客観的に考えてみれば、こうした意見はいささか乱暴で偏見に満ちていることがわかりました。

 

モンドセレクション賞があって越したことはない

 

まず一つ目の主張についてですが、確かにモンドセレクション賞をゲットするためにはお金を払う必要がありました。

 

s_sinsa2

>公式HPからダウンロードできる応募要項<

 

応募要項によると、美容製品系は1200ユーロ(約15万円)を払うことになっているので、おそらく「THE SCALP5.0C」を開発した会社もこの応募費用を収めたことが予想されます。

もしこれだけで賞が穫れてしまうなら本当に意味がありませんね。

 

ですが実際には応募費用案内の横に書かれているとおり、その後は応募対象製品をセレクション本部に送り、その方面の専門家チームによって審査を受ける必要があります。

この時点で製品の劣悪、成分効能の不足・パッケージの不正確記載等の判定があれば、賞は当然貰えなくなってしまうわけです。

しかも細かいランク分けもされています。

 

 60~69点 → 銅賞

 70~79点 → 銀賞

  80~89点 → 金賞

 90~満点 → 最高金賞

 

消費者はこうしたランクを参考に該当製品がどれほどの信頼性を持つか、ある程度判断できるわけです。

お金を払えば穫れる賞だから意味がない・企業側は賞を穫れば売上げが伸びるからアピールしたいだけ…と言った意見はだいぶ狭量な見方を反映しているなぁと個人的には感じました。

 

THE・SCALP(スカルプ)5.0Cは金賞を獲得したので、80~89点の評価だったことになります。

 

日本はただでさえ基準が厳しく全成分表示も義務化されてるので安心なわけですが、こうして他国の専門家チームでさえも金賞を送って品質に太鼓判を押しているわけですから、製品の効果は十二分に期待できると思いました。

特にこのザ・スカルプ5.0Cには5年前に開発されたばかりのキャピキシルミノキシジル3倍の育毛効果のある成分)が5%配合されている表示があります。

 

uso

 

仮にキャピキシルがちゃんと5%入っていなければ、或いはキャピキシルに謳われているミノキシジル3倍の育毛効果が嘘だった場合にはモンドセレクション金賞はあり得なかったわけですから、そのことを知れるだけでも消費者側からすればだいぶメリットがあると思うんですが、いかがでしょう?。

 

THE SCALP 5.0Cは化粧品?

 

ここから一旦ちょっと脱線します。

 

先ほどTHE SCALP 5.0Cにはキャピキシルが含まれ、その成分にはとても強い育毛力あることに触れました。

が、日本の薬事法では現在キャピキシル成分は「化粧品」の部類に入っています。

医薬品指定のミノキシジルより3倍の育毛パワーがあるのに…医薬品・医薬部外品のどれでもないんです。。

 

薬事法では、ざっと見積もれば発毛剤を医薬品・育毛剤を医薬部外品、どちらにも属さない養毛剤等を化粧品という呼び名でカテゴリー分けしています。

 

発毛効果の強さでいくと、医薬品 > 医薬部外品 > 化粧品 の順。

 

なので、メーカー側は医薬部外品に該当する成分で商品を作れば「育毛剤」として宣伝できますし、医薬品に該当する成分で商品を作り認可が下りれば「治療薬」としてアピールできるという仕組みになっています。

流行りのミノキシジルやプロペシアなどがその例に当たるわけですね。

 

でもTHE SCALP 5.0Cに含まれるキャピキシルは、レッドクローバー(アカツメクサ花)エキスとアセチルテトラペプチド-3を合わせた成分ゆえに「化粧品」の部類にされています。

成長因子(GFとも呼ばれる)成分も含まれていますが、これも発毛効果があるのに、元はと言えばタンパク質なので「化粧品」の部類に入っています。

結果、医薬品並の発毛効果・AGA治療薬並の脱毛抑制効果があるにも関わらず、THE SCALP5.0Cを「育毛剤・発毛薬」として宣伝することはできない状態です。

 

販売ページを見てもわかると思いますが、こうした薬事法規制のおかげで「発毛します!」・「AGAが治せます!」という類の言葉は公の場のどこにも飾れないわけです。

 

でも何はともあれ…現実はこんな感じです。↓↓

 

s_zsdfgsegzcewq

>>PCでの拡大画面推奨<<

 

本人が一番びっくりなんですが、外用タイプのモノで副作用一切なしの「化粧品」成分ですらミノタブを食っちゃうくらいの勢いで髪が成長し、抜け毛も強力に抑制されています。(※ 僕はM字で左右に自毛植毛をしており、中央の既存毛と移植毛間の薄毛ゾーンだった所が濃くなってきています。)

この3ヶ月間でのシャワー時の抜け毛は20本もなく、数か月経った今でも30本もありませんので異常なブレーキで少し怖いくらいです。。

 

ある意味かなり皮肉だと思いませんか?щ(゚д゚щ)?

 

まとめ

 

最後に話をまた戻しますが…

この記事で共有したかったのは、THE SCALP5.0Cがモンドセレクションの金賞を受賞したことは素直に評価できることで、信頼に値することをある程度証明しているんじゃないか、ということでした。

 

モンドセレクションを小馬鹿にするサイトが目立ったので、今回はちょっと客観的な意見を書きたくなって記事にしてみました(;´∀`)

あと、キャピキシル成分はデビューして間もなく、ミノキシジルよりも効果についてのリアルな情報がまだまだ少ないので、THE SCALP5.0Cの体験レビューを通して威力の程(ほど)をシェアしたかったのもあります。

(恐らく、値段が馬鹿高いこと・真面目にレビューを書いている人がほとんどいないのが一番のネックで未だに巷ではキャピキシル成分の育毛剤が浸透してないんだと思います。)

 

僕は副作用なしでミノタブ+デュタステリドレベルの効果を体験できたので、もしこの状態がこのまま続けば、キャピキシル成分が「期待」→「確信」に変わるだろうと期待しています。

久しぶりにキャピキャピできるモノに出会えて最近なんかまた楽しいです(ΦωΦ)オヤジギャグ…トメレナカッタ…

 

>カールのTHE SCALP5.0Cの体験レビュー<

 

>カールが使用中の究極発毛セット<

 

>自毛植毛クリニックランキング<

 

【自毛植毛クリニック早見表】

クリニック名
ヨコ美
クリニック
ルネッサンス
クリニック
アイランドタワークリニック
アスク井上
クリニック
親和クリニック
クリニック名
ヨコ美
クリニック
ルネッサンスクリニック
アイランドタワークリニック
アスク井上クリニック
親和クリニック
HP
s_runessance
s_runessance
s_iland-1
s_askinoue
s_sinwa-1
方法
FUE法
FUT法
FUE法
FUT法
FUE法
FUE法
FUT法
FUE法
技術
nc140083
FUT
FUE
優秀
nc140083
長井ドクターのFUT優秀
nc138304
FUE安定
nc140083
FUE優秀
nc138304
音田医師のFUEは安定
場所
nc69693
横浜
nc140083
新宿 大阪 福岡 名古屋
nc140083
新宿 大阪 福岡 名古屋
nc69693
新宿
nc140083
新宿 大阪 福岡 名古屋
費用※1
nc140083
FUT
60万円
FUE
80万円
nc140083
88万8千円
nc69693
140万円
nc138304
116万5千円
nc69693
140万円
AGA薬
nc140083
処方あり
nc140083
処方あり
nc140083
処方あり
nc140083
処方あり
nc140083
処方あり
メリット
日本で一番植毛施術経験のあるカリスマ医師が在籍。
日本全国展開で利用しやすい。アルタスロボット選択可。
日本全国にあり利用しやすい。日本一のシェア率。
アイランドタワークリニックの元院長在籍。FUEの技術力が一番。
日本全国展開で利用しやすい。音田医師は密度の濃い植毛が得意。
デメリット
店舗が少ない。
担当ドクターにより施術の差が出る可能性。
料金が若干高め。FUE法しか選択できない。
店舗が少ない。
料金が若干高め。FUE法しか選択できない。
評価
screenshot screenshot screenshot screenshot screenshot
記事
%e3%83%ac%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc
%e3%83%ac%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc
%e3%83%ac%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc
%e3%83%ac%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc
%e3%83%ac%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc
HP
kousikisaito
kousikisaito
kousikisaito
kousikisaito
kousikisaito


※1:1000株(M字修正一回分)の料金

 

    管理人カールが19年かけて辿り着いた

    薬や育毛剤に頼らなくても永久に髪が生える方法!!!

    コメントを残す