THE SCALP(ザ・スカルプ)5.0Cの成分と効果を大検証!

僕はこれまでミノキシジルタブレットやフィナステリド・デュタステリド錠を中心にヘア対策をしてきました。

でも使用9年目で副作用の蓄積がどうも気になってきたり、発毛効果のほうも弱まってきたこともあって、新たにTHE SCALP(ザ・スカルプ)5.0Cを採用することにしました。

後で詳しく説明しますが、このスカルプ剤を選んだ最大の理由はミノキシジル倍の育毛パワーがあるキャピキシルを最高濃度に配合していたからです。

そしてAGA治療薬とは対照的に副作用が全くないという点もかなり魅力的でした。

 

追記:このページでは僕が初めて健康を保ちながら髪を生やすことに挑戦したキャピキシル配合剤について詳しくレビューしていきます^^

※ 4ヶ月使用した後の結果画像も最後の所で報告しています。

販売ぺージをすぐチェックしたい方はこちら

s_1111111111111111 (1)

※ 僕はM字左右に自毛植毛の経験があり、中心の既存毛との間が薄毛ゾーンでした

s_Screenshot (1)

「 THE・SCALP 5.0C 」という名前について

 

少し名前が覚えづらい?ですが、メーカーに問い合わせてみたところ、最後の「5.0C」というのは話題の最新目玉成分CAPIXYL(キャピキシル)が5%も配合されてるんだよってことを強調しているんだそうです。(具体的な内容・効果については後述します。)

公式HPにもドーンとアピールされていますが、「 THE・SCALP 5.0C 」はそのキャピキシルに加え、GF41種類もの有効成分がたんまり詰まってる所が最大の特長です。

では早速このGF・キャピキシル・その他育毛成分を一つ一つ詳しく見ていきます^^

 

GFとは「成長因子」で髪を育成するタンパク質のこと

 

「 THE・SCALP 5.0C 」に含まれるGFという名前は「Growth Factor(グロース・ファクター)」の略称で「成長因子」という意味があり、簡単に言えば特定の細胞の機能を向上させ成長を促進するタンパク質を指しています。

 

近年になり、このGF(成長因子)が毛髪の成長を促す働きをしていることもわかってきました。

なのでここ最近、AGAクリニックでも積極的に成長因子の注射、つまりG)グロース(F)ファクター再生医療が流行ってきているのをご存知でしょうか。

 

1232

ほぼ確実に髪が生えてくる成長因子療法(画像クリックでクリニックHPへ)

 

成長因子配合の注射でM字にもボーボー生えてる↑↑写真↑↑がクリニックHPにも結構掲載され始めているんですね。

それと同じ成分が「 THE・SCALP 5.0C 」には含まれているというわけです。

 

特に国内農場の2%からしかとれないとされるSPF豚の発酵熟成プラセンタ(胎盤エキス)には髪を増やす豊富な成長因子が存在しているんですが、調べたところ、キャピキシル育毛剤製品の中では唯一THE SCALP5.0Cがそれを採用していました。

結果、EGF・FGFという成長因子、その他にもオクタペプチド-2・オリコペプチド-41(KGF)といったGFが「 THE・SCALP 5.0C 」には配合されています。

それら一つ一つのGFの役割を次に見ていきます^^

 

プラセンタエキスに含まれるEGF(成長因子)とは?

 

ekisu

「 THE・SCALP 5.0C 」に配合されているGFの一種であるEGF。

 

これは皮膚を正常化させる効果が秀でていて、EGFを2ヶ月使用した後には表皮の新生細胞の成長率が平均して284%促進、最高で835%促進したという臨床実験の報告があります。

それほどの治癒力が証明されているので、厚生労働省も「EGFは医薬品と同様の作用がある」と述べているんですね。

最近になり、EGFには休止期から成長期に戻るようにする信号を発信して毛髪の休止期の時間を短くする作用があることもわかってきました。

言い換えれば、髪の成長を強力に促す効能があるわけです。

 

オクタペプチド-2とは?

 

seityou

 

オクタペプチド-2は、毛包や毛母細胞を産む「バルジを活性化して毛包幹細胞を生成する効能があります。

 

bajiru

 

髪は毛包幹細胞が毛母細胞となって成長していきますので、毛母幹細胞を生成する→髪の成長が早くなるということに繋がります。

また、オクタペプチド-2が活性化するバルジ領域には、色素をつかさどる幹細胞もあり白髪を防ぐ効果も期待することができます。

 

オリコペプチド-41(KGF或いはFGFの成長因子が含まれる)

 

origo

 

オリコペプチド-41にはKGF・FGFと呼ばれる成長因子が含まれ、毛乳頭に働きかけて毛母細胞の増殖や分裂を促し、高い育毛効果を発揮します。

この成長因子ファミリー(KGF・FGF)は男性・また女性にも顕著な発毛効果があることが他サイトで写真付で公開されていましたので紹介しておきますね。→(リンク先ぺージの中間に男女使用の実験結果の写真があります。

 

で、「THE SCALP(ザ・スカルプ) 5.0C」には以上でご紹介してきた成長因子が全部配合されているので…これだけでもかなりインパクトのあるスカルプ剤だということがわかりました。

 

キャピキシルとは?驚きの効果を示すデータを公開!

 

THE SCALP(ザ・スカルプ)5.0Cの最大の目玉成分は何と言ってもキャピキシルです。

カナダにあるルーカスマイヤー社が2011年に開発した画期的な成分で、ミノキシジルの次の世代を担うことが期待されている1番新しい発毛成分になります。

 

メーカーの公式資料によると、このキャピキシルとは簡単に言えばアセチルテトラペプチド-3 + ビオカニンAの二つを合わせてできた成分です。

 

1

>メーカー公式資料より<

 

アセチルテトラペプチド-3は4種類のアミノ酸からなる成分で髪を生やす毛乳頭の毛母細胞を活性化し発毛を促します。

ビオカニンAはアカツメクサ花(レッドクローバー)から抽出されたエキスで脱毛原因となるDHT(男性ホルモン)を生み出す「5αリダクターゼ」を強力に阻害して脱毛を抑制する効果があります。

 

で、具体的にキャピキシルがどれほどの効き目があるかについての実験報告がメーカー側から発表されていました。

 

aho

 

アセチルテトラペプチド-3の1週間使用で↑↑ミノキシジルの3倍の威力で毛母を成長させた↑↑という結果が出ています((( ゚Д゚)))スゲー‼

 

 

…でもですね、一応この資料をよく見るとこれは人間の頭で直接した実験ではなく、毛母を頭皮から切り離して顕微鏡下で行った生体外実験だと記されています。

なので、実際にミノキシジルの3倍分髪が生えたわけではなく、厳密には毛母細胞が3倍活性化されたというのが正しいでしょう。

それでも、毛母細胞が分裂すればするほど発毛が促進されて髪が伸びていく以上、かなりの効果を見込めるのは間違いないはずです。

 

キャピキシルのもう一つの成分ビオカニンAはどうでしょうか?

 

kyapi

 

ビオカニンAを使用して1日も経たないうちに薄毛をもたらすDHT(男性ホルモン)を生み出す5α還元酵素(リダクターゼ)のⅠ型を64%・Ⅱ型を93%阻害したという結果が出ています((( ゚Д゚)))これまたスゲー‼

ということは、最新AGA治療薬ザガーロと全く同じ効果があるわけですね。。

 

まぁ、これも人の頭でした実験ではなくて試験管内でのデータになるんですが、ビオカニンAが抜け毛を促す男性ホルモンを阻害して脱毛を強力にブロックする効果があることははっきりしました。

 

…で、結局は人間の頭髪にどれくらいの効果があるのか?

 

嬉しいことに、人の頭にも適応したデータがちゃんとありました^^

 

15人のキャピキシル使用者とプラセボ(何の効果もない薬)使用者15人、合計30人のAGA患者で4か月に渡って行った実験報告になるんですが、

 

s_zsdfgsegxcscsd

>メーカーの公式資料<

 

↑上の表↑のとおり、成長期の髪の割合がキャピキシル使用者だと13%増加しました。(プラセボ使用者は2%減。

 

休止期の毛髪量割合はどうかというと…

 

s_zsdfgsegsdfwweew

>メーカーの公式資料<

 

プラセボ(偽薬)使用者は休止期の髪が23%も増加したのに対し、キャピキシル使用者は29%も減少しています。

休止期が29%減ったということは、それだけ元気で成長しつづけている髪が増えたということになるわけですね。

 

↓↓ビフォア&アフタ画像↓↓を見てみてもその効果は一目瞭然です。

上の段がキャピキシル使用前で下の段がキャピキシル使用後になります。

 

haegiwa

 

右側の画像は緑色の部分が成長期で元気に生えている毛髪ですが、上のキャピキシル使用前と比べてかなり増えてるのがわかりますよね?

左下の画像を見てもキャピキシル使用後では毛量が増えて密度が濃くなっているのが鮮明に識別できます(^^ゞ

 

キャピキシルを使うとこのように休止期の毛髪が減り成長期の髪が増えて発毛し密度が濃くなることが証明されています。

 

ここまでのまとめ

 

というわけで、「THE SCALP 5.0C」 に含まれている各種GF(成長因子)とキャピキシルはかなり期待できる育毛・発毛成分だってことがわかってきました。

中でもキャピキシルには、

 

 5α還元酵素(リダクターゼ)のⅠ型・Ⅱ型を阻害し脱毛に急ブレーキをかける。(AGA治療薬のデュタステリドと同じ働き!)

 毛母細胞を強力に活性化させ育毛を促す。(ミノキシジルの3倍の威力で!)

 

といった魅力的過ぎる効果があります。

 

効果が凄いのに副作用は全くない

 

医薬品並みの育毛力があるこの「THE SCALP 5.0C」ですが、もう一つ凄いのは医薬品並みの効果があるにも関わらず副作用は全くないという所です。(成長因子・キャピキシルを含め全成分に一切ナシ ( ;∀;)ウレシィ~)

 

実のところ、僕は塗るタイプの発毛剤は面倒くさいからあまり好きではないです。

だから今までは服用(飲む)タイプのモノをずっと愛用してきたんですが…でもそうした医薬品は効き目が良くても医薬品なだけに副作用も付いて回るというデメリットがありました。

 

僕の場合は特に倦怠感や鬱っぽい感覚がよく続いて気持ちがスッキリしないことが多かったと思います。

去年からは髪と身体に良いサプリも飲みだしたのでだいぶ軽減されてはいるんですが、それでも影響はゼロではありません。。

下半身の元気が出ないこともありますし、最近では前立腺や肝機能障害などのほうも気になる年頃になってきました。(服用歴もう10年近いですからね(;´∀`))

 

なので、もしミノタブ並の発毛効果・デュタステリド並の脱毛抑制効果がありながら副作用は一切ナシという発毛剤が本当にあるなら採用していこうかなって思い始めていたところなんですね…

そんな折に今回この「THE SCALP 5.0C」と出会えたので、なんかちょっとした運命を感じちゃいます(´▽`*)

 

まぁ、とはいっても「THE SCALP 5.0C」がちゃんと発毛や副作用ゼロの期待に答えてくれるかどうかはまだ十分に使ってないので何とも言えないんですが、とりあえす3ヶ月くらい使って様子を見ていきたいと思います。

成分的にはミノキシジル3倍の育毛力でも、皮膚に塗るタイプだと口から入れて中から効かせる錠剤タイプに比べて効果が出にくいので、個人的には良くてもミノタブと同じくらいの効き目で現状維持くらいかな…と予想しているんですが…(;´∀`)

 

育毛に有効な成分は合計で41種類

 

THE SCALP(ザ・スカルプ)5.0C育毛剤には41種類もの有効成分が入っていて、男性だけでなく女性の薄毛にも効果が出るよう多角的に育毛を促せる設計がされているのも魅力的な要素です。

たくさんある成分の中から3つだけご紹介しておきますね。

 

センブリエキス

 

senburi

 

センブリエキスは、頭皮の血行を促進させ、細胞分裂を促進する効果があります。

 

フムスエキス

 

フムスエキス(フルボ酸)にはミネラル、アミノ 酸・ビタミンがバランスよく含まれるので、頭皮を活性化させ抜け毛抑制に秀でています。

有害物質を対外に排出する働き(キレート反応)もあるので、例えば髪の毛にパーマ、カラーリングなどの際に使用すると有害な残量成分の除去にも効果を発揮します。

 

カミツレ花エキス

 

hana

カミツレ(カモミール)は、キク科の植物です。

特に地肌を清潔に保つ効果があります。

紫外線を吸収するという効果もあって頭皮の老化を防ぐのに役立ちます。

 

 

「THE SCALP 5.0」にはこうした育毛に直接貢献する成分が40種類以上も含まれています^^

 

~カール流~「THE SCALP 5.0C」購入感想レビュー

 

成長因子+キャピキシル+41種類の有効成分+副作用一切ナシという特徴を知りテンションが一気に高くなったところで、僕はそのまま注文申込みへ突入しました(笑)

 

何気に「THE SCALP 5.0C」の最大の壁は1万5000円という超高額な価格だったんですが、定期コース(最低2回注文の条件付)で購入すると一気に1万円まで割引きできることがわかりました。(一ヶ月間の日割計算だと300円ちょっとだから、コーヒー代を節約すればなんとかなる∠( ゚д゚)/)

しかも、「THE SCALP 5.0C」には60日間の全額返金保障が付いているので、たとえ定期コースで2回注文したとしても、万が一、肌に合わなくて効果を実感できなかった場合には2本分ともお金を全額返してもらえるから、結局は自己負担金ゼロで試すことができるんですね。

 

60

 

実際にここまで保証内容が付いているキャピキシル配合剤は他にはなかったのでとても好印象が持てました。(調べたところ、ライバル商品の『Deeper3D®』・『ボストンスカルプエッセンス』は保証期間が2週間或いは一本分しか保証してくれません。特にボストンスカルプエッセンスは半年間返金保証を謳っていながら、結局は1本分しか返金してくれないというあざとい手法?が見られました(;・∀・))

なので、キャピキシルの発毛効果を試すにはこの「THE SCALP 5.0C」が一番もってこいのアイテムだと結論したわけです。

 

IMG_1807

 

途中、会員登録や配送頻度を決めたりしながら購入手続きを進めていき…

 

(慣れないから)10分くらいかかっちゃいましたが、↓↓無事注文できました!↓↓

 

s_IMG_1811

 

注文後3、4日してから到着した時は↓↓こんな姿↓↓で送られてきました。

 

IMG_1875

 

開けて取り出してみると…↓↓「THE SCALP 5.0C」本体・商品案内のパンフレット・伝票の3点↓↓。

 

IMG_1878

 

パンフレットを開いてみると、「ミノキシジル3倍の育毛パワー」を持っているとはっきり書いてありました^^

 

IMG_1880

 

副作用がないことも改めて保障されています^^

 

IMG_1881

 

肝心の本体の方は…

 

IMG_1887

 

左から↑↑パッケージ・製品本体・キャップ↑↑と並んでますが、片手をかざすだけで隠せてしまうほど本体は小さかったです。

これなら旅行の時とか外に持ち歩いても全然苦にならないサイズですね。

女性も使いやすいデザインと大きさだと思います。

 

「THE SCALP 5.0C」の使用感想レビュー

 

到着日の夜、シャワー終わりに早速「THE SCALP 5.0C」を使ってみました。

簡単にドライアーで髪を乾かしてから適量を浸けていきます。

 

s_img_0875

まず右M字…

 

僕はM字の左右に自毛植毛をしています。

植毛した髪の移植毛と既存毛の境目が薄毛の部分なので、そこを分け目にして重点的に「THE SCALP 5.0C」を浸けていきます。

 

s_img_0879

左M字も…

 

あれっ!? 本体は強めに握らないと液体が出て来ません。。

ちょっと不便かも!?と思い始めた矢先にチョンチョンと振ってみたら、いとも簡単に出てきました(笑)

振りながら浸けるのがどうやら正しい方法のようですね(;´∀`)

つけ方がどこにも出ていないので、初めからちゃんとした説明があればもっとわかりやすいのになって思いました。

 

IMG_1896

「THE SCALP 5.0C」を浸けた直後の左M字

 

説明書がないので少し不満でしたが、使い心地はかなり良いです。

完全に無臭で完全に透明、何の粘りもなくサラッサラです。

水とほぼ変わらない感じ…ていうか水よりもベタつかず、サラッと感があってス~ッと染みていく体感を味わえますね。

 

以前に使ったことがあるポラリスだと液体は真っ黄色で使った後は髪がパリパリに固まったので使用感は最悪でした。…が、「THE SCALP 5.0C」はこの辺の弱点を完全に克服してきたと言っていいと思います。

これなら出勤前の朝でも安心して使用できますね。

実際、僕の場合は使った後に髪がサラサラとザラザラの中間的な髪質になり、もっと膨らみが出て見た目もよくなりました。

 

IMG_1918「THE SCALP 5.0C」を浸け終わった姿

 

右左M字の薄毛部分が透けて見えることもなく、フワッとサラッとした仕上がりになったのには驚きでした。

塗るタイプの育毛剤の使用感としてはこれが完成形だと思わせるほどの満足感を味わえますね。

ちょっと前までは考えられないような進歩でちょっと感動(´∀`*)ウフフ

 

ちなみに、「THE SCALP 5.0C」開始時の僕の発毛状態は↓↓こんな具合↓↓です。

 

IMG_1916

※ 僕はM字に自毛植毛をした経験があり、左右M字と中央の既存毛の間が薄毛となっています。

 

上からアップで撮ると薄毛がまだまだ目立ちますね(;´∀`)

 

これから「THE SCALP 5.0C」を数か月使って、この状態がどう変化するのか観察していきます。

ミノキシジル3倍の育毛成分が、実際にはどこまでの効果をM字にもたらすのか…僕も楽しみながら経過を見守っていきますね^^

 

随時記事&写真を追加し報告していきますので、結果はしばしお待ちくださいませ。(※ 結果を下に追記します。)

 

使用1ヶ月経過:使用1ヶ月ちょっとで早くも髪が濃くなってきました。

 

s_siro4 (1)

※ 僕は自毛植毛を左右M字にしており、移植毛と既存毛の間が薄毛ゾーンでした。

 

にしても、ちょっと早すぎる好転反応ですよね(;´∀`)

もしかしたら、それ以前に使っていたミノキシジルタブレットの成分が体内に残っていて、その成分とのコラボパワー?であっという間に伸びてきたんじゃないかな…とつい疑いたくなっちゃいます。。

ただ、ミノキシジルの時と違い初期脱毛が全くなく突然増毛してきたのでちょっとびっくり。

いずれにしてもザ・スカルプ5.0Cの本当の実力を見極めるには、最低でも3ヶ月以上は使ったほうが良いと思うので、油断せずに見守っていこうと思います。

 

s_IMG_0388

 

使用3ヶ月経過:3本使い終わったら更に髪の密度が濃くなってきました。

 

s_capture_01

>PCであればクリックで拡大可<

s_zsdfgsegzcewq

 

なんと、あれからずっと調子がいいんです。。

当初は体内に残留していたミノキシジルとの相乗効果で髪が生えたのかな?と疑っていましたが、どうやらそうではなかったようですね(;´∀`)

ミノキシジルはとっくに体内から完全に排出されているのに、キャピキシル成分だけでも勢いは止まらないので、ミノキシジル3倍の育毛力というのは…本当っぽいです。

初期脱毛もあれから一切なく、毛が生えるスタートダッシュもミノキシジルよりかなり上という結果になりました。

 

使用4ヶ月経過:

髪の毛が増え密度が濃くなってきたので、最近ではまた昔のように真ん中分けも無理なくできるようになりました^^

 

s_sirosiro4

 

薄毛になってからはスカスカ感がバレないようにずっと前髪を下ろしていたんですが…7年ぶりにこのヘアスタイルに戻すことができました。

以前の状態に戻れるなんてつい半年前までは思いもよらなかったので、自分でもなんか不思議です。。

はじめは1ヶ月で約1万円かかる出費にちょっとひるみましたが、中身にこだわって使い始めたらあれよあれよという間に報われた感じがします。

 

追記:期間限定でバージョンアップ記念の半額(4980円)キャンペーンを始めました。(※ キャンペーンが終わってたらすいません。)

 

何はともあれ、副作用がないまま本当に毛が生える製品に出会えて感無量です。

4ヶ月使ってみてわかったんですが、ミノキシジルやAGA治療薬につきまとう心臓や肝臓のダメージ、性機能障害といったもどかしさに怯えることなく髪を生やせると本当に幸せな気持ちになれます^^

一言で言うと、『すがすがしい自由』しかないんですね。

そう考えると、高く感じた価格も今になれば妥当な投資でした^^

 

最後に、THE SCALP5.0Cを使ってみて僕が思ったこの製品が向いている人と向いていない人の特徴についてですが…

節約と脱毛防止だけを考えるならジェネリックのAGA治療薬で十分ですが、僕のように薬の副作用に悩まされていたり、これから育毛対策を始める方でミノキシジルやフィナステリド・デュタステリド錠の副作用はどうも不安だっていう方にはTHE SCALP5.0Cが向いています。

 

育毛剤デビューする時は種類がたくさんありすぎてどれを使えばいいかわからなかったり、値段も安くないので慎重になりがちですよね。

ですが、

 

 確実に髪を生やしたい(お金を無駄にしたくない!)

 健康的に生やしたい(副作用・病気はゴメンだ!)

 

と思っているなら、このザ・スカルプ5.0Cはかなりど真ん中です。

 

知っておいていただいきたいのは、僕が約19年間に渡り本格的な育毛をしてきた中で髪を生やせた製品には、必ず何らかの副作用や使用感の不自由さが伴い、発毛と引き換えに苦しみや苦味を経験してきたということです。

ポラリス・ミノタブ・フィンペシア(フィナステリド錠)・デュプロスト(デュタステリド錠)…すべてに副作用が出ました。

で、健康的に髪を生やせたのは今回のTHE SCALP5.0Cが初めてだったんです。。(医薬品以外の製品では史上初。)

なので、これから育毛剤デビューをしようとしている仲間には健康を害しかねないAGA治療薬を安易に試すよりもTHE SCALP5.0Cを使ってすがすがしい自由を感じながら髪を生やしていただきたいというのが僕の本音です。

ミノキシジルやAGA治療薬でたとえ髪を生やせても、それと引き換えに頭痛が出たり、性機能障害が続いたら幸せを感じにくいですし、仮にそういう副作用が表に出ないとしても、肝臓や心臓に負担をかけていくことに変わりはないので、5年後10年後の健康は誰にも保証出来ない状態なんですね。

例えば、以下の情報をご存じでしたか?

 

>ミノキシジルにまつわる闇のニュース<

市販化されたリアップ(ミノキシジル成分育毛剤)を使用中に3名が薬品との因果関係は不明としながらも循環器疾患で死亡しており、2003年に質問主意書が提出され、同年9月に政府・厚生労働省からの答弁書で明らかになるまで販売元の大正製薬は公表しなかった。さらに1999年の発売当初から2003年までに循環器系の副作用が500例寄せられている事も同答弁書で明らかにされた。

 

因果関係がわからないとしながらも、ミノキシジル育毛剤使用中に循環器系が悪くなって死亡した例が3件あり、毎年100件以上にわたる循環器系の副作用報告がメーカーに寄せられている事実があります。

10年・20年続けていくにはリスクがあり過ぎるヘアケアに感じられませんか?

だから副作用がなくミノキシジル3倍の威力で毛を生やすキャピキシル剤を選ぶことが、今の僕たちにできる1番賢い最善の選択肢ではないかと思うんです。

 

万が一、2ヶ月以内に効果を感じられず肌に合わなかった場合には全額返金してくれますから、どの育毛剤にしようか悩んでいるなら、お試し期間だけでも使ってみて、次世代成分であるキャピキシルの育毛パワーと使用感を体感してみる価値は十分にありますよ。

これからの時代は20年・30年ずっと続けられる健康的な発毛メニューを確立することが重要な指標になっていくでしょう。

ザ・スカルプ5.0Cで 心身健康のまま髪は生やせるんだ^^っていう体験を一足先にスタートすることが可能です。

 

※キャンペーンが終わってたらすいません。

 

    管理人カールが19年かけて辿り着いた

    薬や育毛剤に頼らなくても永久に髪が生える方法!!!

    2件のコメント

    • ヨコヤマ ユリ

      はじめまして

      主人が私に内緒で薄毛治療薬(フィナステリド)を約1年服薬していました。副作用として体調の不調が出始めてようやく気付いた私です。
      主人が薄毛コンプレックスを抱えていたことにも初めて気付かされ、色々検索してようやくカールさんに辿り着きました。

      カールさんの長年にわたる体験記録を拝見し他の説明よりも理解が深まる内容で有り難く感謝致します。

      早速、カールさんオススメの究極発毛セットを発注し主人に試してみます。

      第一歩として今朝、スカルプ5℃が届き 何だか私の方がワクワクドキドキしてしまいご連絡させて頂きました。

      因みに主人は、54歳で前頭部から頭頂部へ全体に地肌がスケスケの状態です。

      また、使用感、状態などご連絡させて頂きたいと思います。

      • カール

        ユリさん、コメントありがとうございます^^

        ご主人様のためにいろいろ考えておられて優しい奥様ですね。
        少しでも悩みが改善されるとよいのですが、54歳という年齢になりますと、普通に考えても男性は自然と毛量が減っていくのが自然かと思います。
        老化によるコラーゲン不足で毛包の衰退が起こるからです。→ http://urx.mobi/D5cd
        なので、他にも適宜必要なケアがあるかもしれないことをご承知ください。

        一人一人体質との相性がありますから、様子を見ながらあきらめずがんばってくださいね^^

    コメントを残す